人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!

Aimer『六等星の夜』はピアノver.に限る。

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20170827120251j:plain

いやー。

出会っちゃいました。素敵な曲に。

もう5年前の曲なんですが、素敵すぎてエンドレスリピートです。

 

Aimer『六等星の夜』

それがコチラの『六等星の夜』です。歌ってるのはAimer(エメ)

YoutubeにLive ver.(ピアノver.)あるので是非。

www.youtube.com

星野源の「Family song」とか、DAOKOの「打上花火」とか、ソイル&ラッドの「ユメマカセ」とか、今月も素敵な楽曲ラッシュなんですが、もう8月はずっとこの曲聴いてます。

 

Aimerの魅力

2016年にRADWIMPSの野田洋二郎から楽曲提供を受け、Mステにも出演し知名度を上げています。

僕も昨年のタイミングで知りました。

繊細なのに力強い。

そんな超・特徴的な歌声の持ち主です。個人的には、低音がたまりません。

楽曲(特にサビ)はロック調、バンドテイストのものも多いんですが…この声が一番生きるのはピアノでしょうよ。

 

『六等星の夜』の魅力

この曲は、2012年の彼女のメジャーデビューシングルです。

アニメのEDテーマだったようですね。

Aimer本人も語るように、聴く人によって受け取り方が全く変わる歌詞です。

natalie.mu

人生、家族、恋愛、進路…いろんな場面に当てはまる。

原曲はピアノ・シンセサイザー・ベース・ドラムなどなど、音数多めに仕上がってます。

サビも終始ハモり。

これはこれで良いんです。良いんですけど、僕はやっぱりピアノver.が好きです。

Aimerの歌声と、ピアノがマッチし過ぎです。

シンプルゆえに、歌声とピアノの良さがガンガンに引き出されていると思います。

メロディも最高です。Aimerの歌声がいかされた、素敵な作曲です。

その作曲は飛内将大(とびないまさひろ)さんが担当。

…誰?

 

飛内将大さん…?

気になって調べてみました。

飛内将大 Profile | agehasprings - onetrap

agehasprings(アゲハスプリングス)という、音楽プロデュース集団に所属する作曲家であり編曲家のようです。

Aimerだけでなく、YUKIや木村カエラ、最近では菅田将暉も手掛けてらっしゃる。

僕も大好きSCHOOL OF LOCKの「未確認フェスティバル」では、特別審査員を務めるそうです。

関ジャムによく出演されてる蔦屋好位置さんも、このagehaspringsに所属されてるみたいですな。

そんでもって、DAOKO×米津玄師の『打上花火』も、編曲やピアノ演奏で携わっているみたいですアゲハスプリングス。

凄いなアゲハスプリングス。


DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO

 

おわりに

さて、若干脱線しましたが素敵ですよ『六等星の夜』。

終わらない夜に願いが一つある人は、ぜひお聞きください。

ちなみにピアノver.(Live ver.)は、2013年のミニアルバム『After Dark』に収録されてます。

しかしこの記事を書いた一番の収穫は、agehaspringsという日本の音楽業界を裏で支配する(?)もの凄い集団を見つけてしまったことです←

おしまい。