人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!

【ネタバレ注意】アオアシ10巻の感想。

スポンサーリンク

アオアシ(1) (ビッグコミックス)

注目株の漫画の一つである、アオアシの10巻が発売されました。

待ってましたよ先生!

ということで感想です。

ネタバレありますので、ご注意ください。

 

前巻までのあらすじ

東京都リーグにて激突する東京シティ・エスペリオンユース(主人公のチーム)vs.東京武蔵野蹴球団ユース。

武蔵野のハイプレスに対抗し、ロングボール(ダイレクトサッカー)で対抗するエスペリオン。

絶賛絶不調のストライカー・橘めがけて葦人(主人公)がロングパスを出すが…!?

 

10巻のポイント

悩みに悩むFW・橘がどう復活するのか。

そして因縁の相手、金田がエスペリオンをどうブッ潰すのか。

この2点がポイントでしょう。

「この試合でDFとFWどちらを目指すのか決める」と言っている主人公・葦人の動向も気になるところ。

ちなみに葦人はもともとFWで、5巻で監督からDFへの転向を命ぜられます。

自分を納得させながらDFとして基礎から練習する葦人ですが、心は揺れに揺れてますな。

 

10巻の見どころ

それでは、具体的に内容をみてみましょー!

見どころ①橘の大復活劇

実は試合前に自信を失い、望コーチにスタメンを外してもらうよう懇願していた橘。

もうね、ボロボロですよ。精神的に。

しかしその橘を信頼し、スタメンで出場させた望コーチ。

コーチの信頼に応えるべく、今までにない闘志あふれるプレーを見せます。

誰でもいいから点を取ってくれだと…?

違う!!!

信頼してくれた望さんのためにも…

俺だ!

ここは俺が点を取る…俺だ!!!

引用:アオアシ10巻より

いやー、熱い!

葦人にボールを要求する際の、鬼気迫る顔が良いです。

さらに超絶個人技で2枚抜く橘さん、かっけー!

葦人のゴール前へのダイレクトパス、それを外す味方、外れたボールを華麗なオーバーヘッドでゴールへ叩き込む橘…!!!

この流れ完璧です。

―1つ思い出したことがある。

技術や執念で圧倒するFWを見て―…

俺はただ落ち込むだけだった。

だけど葦人、お前には―…

あのセレクションの時からずっと…

あきらめず困難に突き進むその姿に、勇気をもらっていた。

どうやったらお前みたいになれる。

俺が初めて憧れた選手は、お前だよ。

アシト。

引用:アオアシ10巻より

最高ですよ、ここの演出。

僕は泣きました←

 

見どころ②執念を燃やす野獣・金田

エスペリオンユースのセレクションに落ち、武蔵野へ入団した金田。

葦人や橘を強烈に恨んでいます。

セレクション時から自己中心的プレーばかりで気性の荒かった金田ですが、さらに磨きがかかってます。

絶対的なエースストライカー。

どんな状況でも諦めない、不屈の精神力は素晴らしいです。

この試合の1点目は金田のアシストから生まれます。

そして前述した橘のゴールで1対1の同点に。

これで終わるかと思いきや…!

敵の司令塔・武藤の的確なパスにうまく反応し、勝ち越しゴールを金田が決めます。

さらにさらに、前半終了間際にディフェンスの連携の穴を付き、ゴールを決めたと思われる金田。

(ゴールしたかどうかは微妙な描写)

いやいや、末恐ろしい男です。

 

終わりに

橘の復活により攻めに転じたエスペリオンでしたが、金田の覚醒で状況は一変…。

エスペリオン(1軍)の福田監督の印象的なセリフで、10巻は締めくくられます。

ロッカールームだ。

立て直せる人間は一人だけだ。

15分のミーティングで、そいつがどうチームを引っ張り上げるのか…。

見届けに行こうぜ。

引用:アオアシ10巻より

誰がキーマンなんでしょうねー。

普通に考えたら、葦人ではなかろうかと思います。

今回の前半戦でも、的確なコーチングでチームリーダー(司令塔)としての資質を見せ始めた葦人。

肝心の本人は、見方をうまく使いフィニッシャーの位置に自分を持ってくる=自分がゴールを決めたい、ということに執着しておりますが…。

一皮剥けてくれるのか、見ものです。

おしまい。

関連記事

www.jinsei-omoshiro.com