人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!

アオアシ11巻の感想!ついに葦人が覚醒!!【ネタバレ有り】

スポンサーリンク

アオアシ(11) (ビッグコミックス)

大人気サッカー漫画・アオアシの11巻が発売されました!!

今回もKindleで購入しましたので、感想です。

※この記事はネタバレを含みます。

 

前巻までのあらすじ

東京シティ・エスペリオンユースVS.東京武蔵野蹴球団が遂にキックオフ!!

いったんはエスペリオンが優勢になるものの、金田の執念で完全に流れは武蔵野に…。

前半が終わり、エスペリオンAチームの福田監督は意味深なセリフを残すのだった。

ロッカールームだ。

立て直せる人間は一人だけだ。

15分のミーティングで、そいつがどうチームを引っ張り上げるのか…。

見届けに行こうぜ。

引用:『アオアシ』10巻より

 

前巻の内容が気になる方は、【ネタバレ注意】アオアシ10巻の感想をお読みください。

 

11巻のポイント

  • エスペリオンを立て直せるのは誰だ!?
  • 葦人、覚醒!!
  • エスペリオンVS.武蔵野、勝負の行方

この3つが、11巻のポイントでしょう。

手に汗握る展開の連続。

そして葦人が覚醒する場面は、鳥肌ものですよ!

①エスペリオンを立て直せるのは誰だ!?

これはなんと…望コーチでした!!!

葦人だと思ってたぞ、僕は。完全に騙されました。

望コーチは普段、「選手が自分で考え、自分で解決する」ことを理想としてコーチを務めています。

つまり、命令はしない。

しかしそんな望コーチに向かって、「言わなさすぎだなあ。」とアドバイスする福田監督。

「言いたいことがあれば、言えばいいじゃないか」と。

この言葉をきっかけにディフェンダー(黒田・冨樫・竹島)にコミュニケーションの取り決めを命じます。

これが効果抜群!!

ハーフタイムを終え、別人のように蘇ったエスペリオン。

黒田・冨樫・竹島の3人が、お互いのことを認めるシーンは泣けます。

この強靭なディフェンダー陣をバックに、葦人が覚醒するのでした。

 

②葦人、覚醒!!

遂にキター!!

葦人が司令塔として、覚醒!!!

これにも福田監督が一役買ってます。

フィニッシャーの位置に自分を持ってこようとするのは、やめろ。

お前の才能は、その使い方じゃない。

引用:『アオアシ』11巻より

 

監督の話す「淀み」は、プロスポーツ選手なら誰もが感じるものなのかな?

この言葉を理解した葦人、完全に覚醒。

各選手の次の動きが鮮明に読めるという、超能力が発動。

言葉だけじゃなく、アイコンタクト、手での指示、パスボールの勢いを用いたメッセージ。

あらゆる方法で周囲をコーチングし、理想的なゴールを演出します。

熱い。

燃えるような展開です。

逆転の葦人のゴールには鳥肌!!

 

③エスペリオンVS.武蔵野、決着!

完全に流れはエスペリオンかと思われましたが、意地を見せる武蔵野。

金田を信じるチームメイト、その期待に応えようとする金田。

敵ながら、あっぱれである。

しかし最終的には、エスペリオンの勝利!!

そして試合後、葦人は福田監督からAチーム入りを伝えられるのでした。

11巻はここで終了!

今回もいいところで終わります。

 

おわりに

武蔵野戦は最高でしたね。

橘の復活劇に、冨樫たちの軋轢を超えたチームプレイ、そして葦人覚醒。

9~11巻は、本当に見どころ満載です。

そして次回からは、舞台は遂にAチームへ!!

化け物の巣窟で、葦人がどう成長していくのか楽しみで仕方ありません。

最後に、胸に刺さった福田監督の言葉をのせて終わりにします。

誰かの考える通りに育つうちなんて、

対した選手じゃないんぜ。

引用:『アオアシ』11巻より

 

いや~、仕事でも同じですよねぇ。

明日もお仕事がんばります。

おしまい。