人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!

【BUMP OF CHICKEN】初心者へおすすめのアルバムランキング!10年以上のファンが選びました。

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20170918084229j:plain

こんにちは!

2016年にはデビュー20周年を迎え、どの音楽チャートでも上位を獲るようになったBUMP OF CHICKEN。

最近はCMでのタイアップも増え、きっと誰しも1度は彼らの楽曲を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

でも楽曲の数が多すぎて、BUMP初心者の方は何を聴いたら良いのか迷いますよね。

アルバムも、ベストアルバム含めると全部で11枚もありますから。

今回はそんなあなたに向けて、BUMPファン歴14年を超えた僕が全アルバムをご紹介しましょう!

あなたにとって、きっと最適なアルバムが見つかると思います。

※ベストアルバムである『present from you』『BUMP OF CHICKEN Ⅰ<1999-2004>』『BUMP OF CHICKEN Ⅱ<2005-2010>』は除きます。

 

BUMP OF CHICKENのアルバム一覧

まずは、どんなアルバムをリリースしているか見てみましょう。

発売日 タイトル 概要
1999年 FLAME VEIN 1stアルバム
2000年 THE LIVING DEAD 2ndアルバム
2002年 jupiter 3rdアルバム
2004年 ユグドラシル 4thアルバム
2007年 orbital period 5thアルバム
2008年 present from you ベストアルバム
2010年 COSMONAUT 6thアルバム
2013年 BUMP OF CHICKEN Ⅰ<1999-2004> ベストアルバム
2013年 BUMP OF CHICKEN Ⅱ<2005-2010> ベストアルバム
2014年 RAY 7thアルバム
2016年 Butterflies 8thアルバム

2~3年に1枚のペースで、アルバム発売を続けています。

昔は「楽曲制作のペースが遅い」なんて言われてましたが、こうして見ると安定してリリースしてますね。

特に近年は、シングルリリースも早いです。最新アルバム『Butterflies』以降は1年で4曲出してます。

さて、それでは1枚ずつ紹介していきましょう!

 

1st. FLAME VEIN

初心者 ★★★★★
熱さ ★★★★
優しさ ★★★★★

概要

1999年3月18日発売の1stアルバム。

2004年4月28日に、『FLAME VEIN+1』として再発売。

収録曲

  1. ガラスのブルース
  2. くだらない唄
  3. アルエ
  4. リトルブレイバー
  5. ノーヒットノーラン
  6. とっておきの唄
  7. ナイフ
  8. バトルクライ

※赤字はシングル曲です。

おさえておきたい名曲

ガラスのブルース

BUMP OF CHICKENの原点とも言うべき名曲です。

ライブでは、アンコールラストに歌われることが多いですね。

評価

1stアルバムだけあって、粗削りですね。

バンド演奏にこだわったシンプルな作り。歌詞とメロディセンスは、昔から抜群です。

ロックな楽曲が揃ってます。

 

2nd. THE LIVING DEAD

初心者 ★★★★
熱さ ★★★★
優しさ ★★★★

概要

2000年3月25日発売の2ndアルバム。

2004年4月28日に、『FLAME VEIN+1』と同じく再発売。

収録曲

  1. Opening
  2. グングニル
  3. ベストピクチャー
  4. 続・くだらない唄
  5. ランプ
  6. K
  7. リリィ
  8. Ever lasting lie
  9. グロリアスレボリューション
  10. Ending

おさえておきたい名曲

続・くだらない唄

ロックでこれだけ悲しい曲が、かつてあっただろうか。

情景が目に浮かぶ。

心情が冷たく伝わる。

進み続けることで失ったものと、変わってしまった自分の唄です。

評価

タイトルが"生ける屍"なだけあって、ポップで明るい曲は無いです。

ロック調の曲もありますが、どこか寂しさや悲しさを感じます。

よって初心者向けではありませんが、辛い時に寄り添ってくれるアルバム。

 

3rd. jupiter

初心者 ★★★★
熱さ ★★★★★
優しさ ★★★★

概要

2002年2月20日発売の3rdアルバム。

天体観測の大ヒット後、初のアルバムです。

収録曲

  1. Stage of the ground
  2. 天体観測
  3. Title of mine
  4. キャッチボール
  5. ハルジオン
  6. ベンチとコーヒー
  7. メロディーフラッグ
  8. ベル
  9. ダイヤモンド
  10. ダンデライオン

おさえておきたい名曲

Stage of the ground

一生懸命な人への応援歌。

イントロのリフが非常に印象的で、壮大な宇宙を感じさせます。

心に響く歌詞のオンパレードですよ。

評価

前作に比べると、グッと明るい曲が増えました。

「キャッチボール」「ベンチとコーヒー」「メロディーフラッグ」といった優しい曲が多いのも特徴です。

とても聴きやすく、初心者にもおすすめです。

 

4th. ユグドラシル

初心者 ★★★★★
熱さ ★★★★
優しさ ★★★★★

概要

2004年8月25日発売の4thアルバム。

個人的には名曲揃いの、傑作アルバムだと思ってます。

収録曲

  1. asgard
  2. オンリーロンリーグローリー
  3. 乗車権
  4. ギルド
  5. embrace
  6. sailing day
  7. 同じドアをくぐれたら
  8. 車輪の唄
  9. スノースマイル
  10. レム
  11. fire sign
  12. 太陽
  13. ロストマン
  14. midgard

おさえておきたい名曲

fire sign

優しさ全開、BUMPの本領発揮。

こんなに優しい音色って、どうやったら出るんですか。

これまで発表してきた楽曲をモチーフにしながら、生きることの素晴らしさを唄う歌です。

「LA~LA~♪」を覚えて、ライブでのコーラス合唱にぜひご参加ください。

「Woo~Woo~♪」の方を覚えて、ハモるのも大いにアリです!

評価

正直全部好きです。名曲揃いです。

ロックな曲、優しい曲、ポップな曲、怖い曲、希望の曲。これ1枚でいつまでも楽しめます。

「asgard」と「midgard」というインストゥルメンタルを用いることで、アルバムとして高く意識されていると思います。

1枚ぜんぶ通して聴いてほしいです。

 

5th. orbital period

初心者 ★★★★★
熱さ ★★★★★
優しさ ★★★★

概要

2007年12月19日発売の5thアルバム。

当時のメンバーの年齢である「28歳」と、公転周期(orbital period)である「28」をかけたアルバムタイトルです。

歌詞カードは、Vo.&Gt.藤原基央さん特製絵本になってます。

収録曲

  1. voyager
  2. 星の鳥
  3. メーデー
  4. 才悩人応援歌
  5. プラネタリウム
  6. supernova
  7. ハンマーソングと痛みの塔
  8. 時空かくれんぼ
  9. かさぶたぶたぶ
  10. 花の名
  11. ひとりごと
  12. 飴玉の唄
  13. 星の鳥 reprise
  14. カルマ
  15. arrows
  16. 涙のふるさと
  17. flyby

おさえておきたい名曲

才悩人応援歌

カッコよすぎて、初めて聞いたときに感動に打ち震えた覚えがあります。

ロックですが、悩める一般人の深い闇を感じる曲。

しかしタイトルは「応援歌」であり、希望を唄った曲なのです。

評価

収録曲も多く、非常にバラエティに富んだアルバムです。

「supernova」と「カルマ」は僕史上に残る名曲です。もう10年以上前の曲ですが、未だにめちゃくちゃ聴きます。

アルバムというよりは、一曲一曲の個性が強く、ぶつ切りになった曲たちを色とりどりに並べたイメージですね。

 

6th. COSMONAUT

初心者 ★★★★★
熱さ ★★★★★
優しさ ★★★★★

概要

2010年12月15日発売の6thアルバム。

タイトル通り、宇宙を連想させる楽曲が多いです。

収録曲

  1. 三ツ星カルテット
  2. R.I.P
  3. ウェザーリポート
  4. 分別奮闘記
  5. モーターサイクル
  6. 透明飛行船
  7. 魔法の料理~君から君へ~
  8. HAPPY
  9. 66号線
  10. セントエルモの火
  11. angel fall
  12. 宇宙飛行士への手紙
  13. イノセント
  14. beautiful glider

おさえておきたい名曲

分別奮闘記

ゴミの分別についてこれだけ壮大に唄った歌が、かつてあっただろうか。

特徴的なイントロと、覚えやすいメロディが素晴らしいです。

評価

ポップでキャッチー、そんな曲はグッと減りました。

聴きやすいのは「宇宙飛行士への手紙」と「HAPPY」くらいでしょう。

歌おうとすると、歌詞のリズムや歌いだしが難しい曲が多いです。

よって、あまり初心者向きではありません。

 

7th. RAY

初心者 ★★★★
熱さ ★★★★★
優しさ ★★★★

概要

2014年3月12日発売の7thアルバム。

Mステや紅白歌合戦といったテレビに、少しずつ顔を出し始めます。

BUMP OF CHICKENの一つの転換期に、リリースとなったアルバム。

収録曲

  1. WILL
  2. 虹を待つ人
  3. ray
  4. サザンクロス
  5. ラストワン
  6. morning glow
  7. ゼロ
  8. トーチ
  9. Smile
  10. firefly
  11. white note
  12. 友達の唄
  13. (please)forgive
  14. グッドラック

おさえておきたい名曲

white note

コーラスやハンドクラップを特徴とした、アコースティックな楽曲。

音数は少ないですが、だからこそメロディとしっかりとした歌声が沁みます。

ライブでは曲に合わせて歌ったり、手を叩いたり、足踏みしたり…めちゃくちゃ楽しいです。

会場が一体になる曲ですね。

評価

前作から一転、明るく突き抜けたアルバム。

ワンランク上のステージへ進んだことを強く感じさせる、素晴らしい作品です。

「WILL」から「RAY」の流れなんて完璧です。

ポップな曲も多く、初心者にもぜひ聴いてほしい1枚。

 

8th. Butterflies

初心者 ★★★★
熱さ ★★★★★
優しさ ★★★★★

概要

2016年2月10日発売の8thアルバム。

2017年9月時点で最新のアルバムです。

収録曲

  1. GO
  2. Hello, world!
  3. Butterfly
  4. 流星群
  5. 宝石になった日
  6. コロニー
  7. パレード
  8. 大我慢大会
  9. 孤独の合唱
  10. You were here
  11. ファイター

おさえておきたい名曲

Butterfly

遂にEDMも作るようになったのか!と、ファンの間で話題になった一曲

古くからのファンには「昔と変わった」と言う人もいましたが、常に新しいアプローチに挑戦し、「楽曲にとってのベストなアレンジ」を模索し続ける姿勢はむしろ昔から変わってないと思います。

心地よい高揚感に包まれる、エネルギッシュな曲です。

評価

進化し続けるBUMP OF CHICKENを、肌で(耳で?)感じ取ることのできる最新アルバムです。

「流星群」のような優しいアレンジや、「Hello, word」のようなゴリゴリのロック、「パレード」のような怖い曲、「大我慢大会」のハンドクラップ。

これまで培ってきたものを継承しつつ、さらに一歩前へ踏み出したアルバム。

初心者の方にもおすすめです。

 

おわりに

最後に、BUMP初心者へのおすすめランキング順に並べておきます。

ランキング タイトル 概要
1位 ユグドラシル 4thアルバム
2位 Butterflies 8thアルバム
3位 jupiter 3rdアルバム
4位 RAY 7thアルバム
5位 FLAME VEIN 1stアルバム
6位 orbital period 5thアルバム
7位 COSMONAUT 6thアルバム
8位 THE LIVING DEAD 2ndルバム

記事内で紹介した「おさえておきたい名曲」ですが、あえてシングル曲以外の曲を選定しました。

シングルはどれもキャッチーで、聴きやすいですからね。

ぜひシングル以外の曲も、知ってほしかったのです。

最新アルバム後にリリースされたシングルについては、BUMP OF CHICKEN『記念撮影』が沁みる、沁みる、沁みる。(感想・レビュー)や、【BUMP OF CHICKEN】新曲発売は何故このタイミングなのか?「リボン」と五月病について。という記事で紹介してますので、合わせてどうぞ。

あなたの生活がBUMPと共にあらんことを。

以上、「【BUMP OF CHICKEN】10年以上のファンが選ぶ、初心者へおすすめのアルバムランキング!」でした!

おしまい。

関連記事