人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!

幸福のための人生戦略~橘玲『幸福の「資本」論』を読んでの感想~

スポンサーリンク

これほどダイレクトに自分に響く書籍に、久々に出会いました。

それが橘玲さんの『幸福の「資本」論』です。

幸福の「資本」論―――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」

得られた知見は数知れず…とても1記事ではまとめ切れないため、いくつかに分けて自分なりに整理したいと思います。

 

人の生きる意味

まず本書では人間について、こう述べます。

ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。

引用:橘玲『幸福の「資本」論』より

つまり、繁殖のために組み込まれた遺伝子レベルのプログラムと、現代の価値観にズレがあるということだそうです。

よって、幸福になるためには戦略を練らなければなりません。

これがめちゃくちゃ面白いです。

 

3つの戦略

本書では人生のインフラ(幸福の条件)として、下記の3点を挙げます。

  1. 金融資産(財産)
  2. 人的資本(働いてお金を稼ぐ能力)
  3. 社会資本(家族や友達のネットワーク)

これらを上手く運用して、それぞれから富を得ましょうと。

「幸福」と言われると捉えどころがありませんが、こうして具体的に形づけてくれると考え易いですね。

これはそれぞれ、下記の幸福の条件に対応します。

  1. 自由
  2. 自己実現
  3. 共同体=絆

これら3つを全て完璧に整える(本書ではリア充やソロ充と比較し「超充」と呼ぶ)ことが理想ではあります。

※ただし①と③が対立するため実現不可能

が、この内2つの資本を持つことができれば人生の安定度は増します。

逆に言うと資本を一つしか持ってないと、貧困や孤独に陥るリスクが高い。

では、どうすればこれらの資本を獲得することができるのか? 

 

具体的戦略

本書では、この3つの資本に関する説明が90%を占めます。

具体例のオンパレードで、分かりやすい。

そして面白い。

詳細は本書を参照してもらうとして、3つの資本に対する具体的な目標&獲得戦略のみ端的に書き出してみます。

金融資産

  1. 年収800万円を目指す。
  2. 資産1億円を目指す。

※収入の限界効用は年収800万円で逓減し、金融資産の限界効用は1億円で逓減するため。

なかなか簡単な数字じゃないです。

僕自身、資産運用は勉強中。

人的資本(仕事)

  1. 生涯現役で働き、老後を無くす。
  2. そのために35歳までに試行錯誤し、自分の好きなこと(プロフェッション)を実現できるニッチを見つける。

※好きなことでないと一生続けることは不可能なため。

下記内容が、サラリーマンの真理すぎて辛い。

その若手社員の話を楠木氏は、「君は何か基本的なところで考え違いをしていないか?」とさえぎります。

「君が毎日会社で働くことができるのであれば、まず飛び抜けた個性は持ち合わせていないと思ったほうがいい。突出した個性のある人材なら入社もできないし、たとえ働き出しても長くは続かない」

引用:橘玲『幸福の「資本」論』より

僕も、上記のような突出した個性のないサラリーマン。

好きなことでマネタイズできるよう、35歳までの残り8年間いろいろ試してみます。

社会資本

  1. 強いつながりは家族・恋人(愛情空間)に最小化。
  2. それ以外の関係は貨幣空間として弱いつながりを保つ。

 

これも理想ですが、なかなか難しい。

まず友情空間(親友)を貨幣空間に持っていくのが、僕の性格的に厳しい←

そして職場の人間関係を貨幣空間に持っていくのも、ベタなサラリーマンとしては至難の業。

これに関しては自分の好きなことで生きていけるようになれば、ある程度は実現できるかと思います。

 

おわりに

本書の結論はこうです。

「ひとは幸福になるようにデザインされていない」と冒頭に書いてありますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

こうしてブログにまとめている時間も、幸福なんでしょうね。

おしまい。

関連記事

www.jinsei-omoshiro.com