人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!

建設業界に就職して一番驚いたこと。

スポンサーリンク

超図解でよくわかる建築現場用語 完全版

こんばんは。

今日は「建設業界に就職して一番驚いたこと」について、書いてみようと思います。

普段の生活で関わることは中々ない、この業界。

就職して4年が経ちましたが、未だに新しい発見が毎日のようにあります。

脳みそが追いつきませんマジで。

 

驚いたこと一覧

  • ”尺”表記
  • 元請、下請け、孫請けという複雑な構造
  • 図面と向き合う日々
  • 工事の見積もり内容が意味不明
  • 現場は命の危険と隣り合わせ
  • 恥ずかしがりやな職人さん
  • マニュアルのトラック運転
  • ロープってめちゃくちゃ縛れる(荷張り)

思いついただけでも、こんな感じ。

図面は今も苦手です。

何書いてあるか訳わからんことも、多々あります。確認大事。

見積もり内容も、自分の専門外の分野だと全く読み解けません。勉強します…。

あとトラックに載せた荷物をロープで縛るのは、上手くなりました。

我ながらプロの技ですよもう。

でも最初は上手く縛れず、戸惑いましたねー。

 

一番驚いたこと

さて、そんな建設業界ですが僕が一番驚いたのは

寸法がミリ(mm)表示

であることです。

もうね、基本的に全てミリです。

いや、むしろ普段寸法を口にするときは「にせんごひゃくはちじゅう」です。

「にせんごひゃくはちじゅうミリ」とは言いません。

そう、ミリすら省略するのです。

 

それは何故か

最初は「なんでメートルじゃダメなの?」「なんでセンチメートルじゃダメなの?」と戸惑ってばかりいたワタシ。

しかし働くうちに、とある事実に気付きます。

それは

建設業界の寸法ってめちゃくちゃ細かい

ということ。

そして

ミリ単位の寸法がめちゃくちゃ大事

だということ。

だってね、考えてみてくださいよ。

窓を閉めたとき、3mmだけ閉まらなくて隙間風が常に通っちゃう家なんて、絶対嫌じゃないですか?

建築における寸法というのは、ヒッジョーに大事なんですな。

1mmのズレも許されません。

シビアすぎるぜ。

だからこそ建設業界はミリでのやりとりが基本であり、寸法はものすごく大事なのです。

 

おわりに

ちなみにこの業界で働くうえで、最も大事なのは「確認作業」だと思います。

油断してると痛い目にあいます。

あと、わからないことをわからないままにしない。

これはどの仕事でもそうなんでしょうが、わからないことの放置プレーは、時としてのっぴきならぬ事態を引き起こします。

丁寧な仕事を心掛けたいものですね。

これ最近買いましたが、図解が分かりやすくてオススメです↓

おしまい。