人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!エンタメをメインにした雑記ブログ。

【ドラゴン桜2】第1巻の感想!名言をまとめてみました【ネタバレ注意】

スポンサーリンク

ドラゴン桜2(1) (コルク)

一世を風靡したドラゴン桜、その続編である『ドラゴン桜2』が発売となりました!

三田紀房先生×コルクということで期待しかありませんでしたが、やっぱりおもしろかった。

今回は第1巻の感想や見どころ、名言を書いてみます。

※ネタバレを含みますので、嫌な人は見ないでね!

 

ドラゴン桜とは

第1巻より引用します。

没落した"バカ高校"龍山を再建すれば、自身の弁護士としての名声が、うなぎのぼり!一生安泰!!

と考えた男、桜木建二による「東大受験スポ根エンターテインメント」。

"創世記"となる前作『ドラゴン桜』では、受験の"真髄"をとらえた数多のテクニックを公開し、ニッポンの受験界を変革!

本作は、2020年に控えた「大学入試改革」を見据えた新シリーズである。

今年も合格と成功の象徴「ドラゴン桜」が咲き誇るー。

引用:『ドラゴン桜2』第1巻「ドラゴン桜とは」より

阿部寛さん主演でドラマ化もされた、大人気漫画ですね。

『ドラゴン桜式数学ドリル』や『ドラゴンイングリッシュ』といった参考書もヒットを飛ばし、まさに一世を風靡しました。

僕は受験生のころには利用しませんでしたが、本屋に参考書があふれてたのを覚えてますね~。

本作はそんなドラゴン桜の続編です。

 

1巻のあらすじ

主人公は変わらず弁護士・桜木建二

6年前に桜木によって東大合格者10名を突破し有名になった龍山高校ですが、その面影はどこへやら、遂に今回の受験での東大合格者は「0名」

この原因は事長代行である龍野久美子

なんと彼女は、龍山高校の廃校のために動いていたのでした。

桜木VS.龍野を軸に、熱い受験戦争の幕が上がります。

 

1巻の見どころ

見どころ①桜木、理事会入会なるか!?

最初の見どころはこれですね。

龍山高校再建のためには、桜木の理事会入会が必須!

入会させたくない龍野組VS.入会させたい高原教頭組

2票対2票の同点となり、残る1票を握るのは現校長である奥田校長。

彼は6年前に桜木たちと苦楽を共にしましたが、龍野に相当な重圧をかけられ、葛藤のなかで気持ちが揺れ動きます。

決断を下したあとの、奥田校長のセリフはかっこいいですよ!

見どころ②スタディサプリで東大合格!?

東大専門コース(東大専科)では、当分の間スマホで「スタディサプリ」のみを利用して受験勉強することになります。

スタディサプリは、リクルートが提供するWEB学習サービスですね。

  • 全国の高校1,000校以上で導入
  • 学習履歴を活用した苦手ポイントの特定、得意教科の先取り
  • 自分専用の学習プラン

公式サイトを見ると、大学受験だけでなく小学4年生~高校2年生までのコースもあるようです。

名前だけは知ってましたが、便利なサービスですね~。

1巻では具体的な活用法などは紹介されませんでしたが、2巻以降が楽しみです!

 

1巻の名言

名言①「行動するヤツだけが勝つ!」

東大へ行くのに理由なんかいらない!

東大に行く意味なんてない!

なぜとかなんのためにとかグダグダ言ってんじゃない!

東大に行くと決めてすぐに勉強を始めろ!

考えるな!

動けっ!

行動するヤツだけが勝つ! 

龍山高校の終業式で、全校生徒へ桜木が投げかけた言葉です。

これだけ聞くと、「う~ん、どうなの?」って感じましたが、この後に続く桜木の言葉がグサグサと刺さりました。 

ボケーっと毎日を過ごしてる場合じゃない!

ぜひ本編を読んでみてください。

名言②「本当にそうか?」

さきほどの終業式にて暴言とも思える激を飛ばした桜木に対して、「今の子供たちは一方的に命令口調で強要されると拒絶します」と言う高原教頭。

これに対し、桜木はこう言います。

本当にそうか?

新3年生300人全員そうか?

俺の言うことにただの一人も心を動かされないと思うのか?

わかってないのは教師のお前らだ

子供の気持ちが300人全員同じなんてありえない

子供たちの個性を尊重するなどと口では言いながら

子供の個性を見極めようとしていないのはお前らだ

これは先生だけじゃなく、先輩社会人にも当てはまりますね。

みんながみな、「ゆとり世代」じゃないんですよね。

読んでいて「僕も反省しよう…」と思いました。

名言③「頑張らない」これが東大合格のための第一歩だ

東大専科スタートの初日に、生徒ふたりへ桜木が投げかけた言葉です。

激変し続ける現代社会を生き残るためには、「機能的に生きていく=目的のために働く」ことが重要だと述べます。

「頑張る」は精神的興奮で

課題克服を図ろうとする

勢いだけの感嘆符でしかない

つまり「受験勉強を頑張る」でなく

  • 「東大合格するために」
  • 「スタディサプリで勉強する」

これが機能的に考えて話す、ということだそうです。

これは仕事にも、丸々当てはまりますね。

例えば営業であれば、「数字を上げるために頑張る」ではダメで、

  • 「数字を上げるために」
  • 「〇〇という商品を××というお客様に提案する」

こんな感じでしょうか。

 

おわりに

サラリーマンの身に染みる一冊です。

まだまだ1巻が発売されたばかりなので、今後がとても楽しみです。

ちなみに三田先生の作品は、『マネーの拳』と『インベスターZ』そして『エンゼルバンク』がめちゃくちゃおすすめです。

お金に悩んでる人は、ぜひ読んでみてください。

それでは、また。