人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!エンタメをメインにした雑記ブログ。

生命保険契約から解約までの体験談!人付き合いで生命保険に入るのはやめようね

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20180504110945p:plain

皆さん、生命保険には加入していますか?

特に新入社員の方なら、先輩から「若い時に入った方が保険料安いし、知り合い紹介しようか?」なんて言われて迷っている人もいると思います。

結論から言うと、若いころに生命保険に入る必要はないと思います。(もちろん人によりますが)

少なくとも「せっかく紹介してもらったし」という理由で契約する必要はありません。

というわけで今回は、僕の体験談をお伝えします。

 

 

付き合いで生命保険を契約した

新入社員の頃の僕は、もともと「自分には生命保険いらんやろ」と思っていました。

妻も子供もいない、特に守るものは無かったですからね。

しかしある日、目をかけてくれていた会社の先輩からの一言がきっかけで保険屋の話を聞くことに。

別に必要なければ契約しなくて良いし、話だけでも聞いてみる?

(聞くだけならいいかぁ…)はい!!!

 

保険屋と面談

正直、話した内容はほとんど覚えていません。

  • 死んだら親御さんが葬儀費用負担することになるから、そのくらい賄えるような保険に入ったらどうか
  • 若い方が保険料安いよ
  • 他社より安いです
  • 病気になる前じゃないと入れないよ
  • 保険料は月々1万円くらいだよ

こんな感じの内容だったと思います。

その場では理解するんですが、後から振り返ると内容を覚えていない。

つまり分かった気分になってるだけで、本当に納得・理解していたわけではなかったんだと思います。

必要ないこともないけど、月々1万円くらいならいいかなぁ。先輩にも悪いし

そのくらいに考えてました。

最初は会社の会議室で話して、その後は自分の家で話して…気付けば契約していました。

 

月々のリアルな支払い金額

毎月1万円払ってました。

しかしその頃の月給から考えると、月々1万円の出費は相当大きかったです。

思ったよりきついな…辞めたいけど言い出しにくいな…

契約1か月目には、もうそんなことを考えてました。

そんな矢先!

ある事件が起こったのです。

 

担当営業マンが転職

そう、担当営業マンが他の保険会社に転職したのです。

しかも僕の契約2か月目に。

さらに、「転職先で再契約した方が、同じ保険内容で安くなります。今の保険は解約しましょう」と言い出す始末。

えっ?えっ?

めちゃくちゃ困惑しましたが、「まぁ安くなるんなら良いか…」と思って再契約しました。

ちなみに月々の支払いは8,000円にダウン。(それでも高い)

 

 

保険について調べた

保険屋に対する不信感は募る日々。

たしかに病気になってお金ないと困るけど、生命保険で賄う必要なくね?

そう思い、保険についていろいろ調べてみることに。

  • 葬儀費用は親がなんとかしてくれる(親に蓄えはある)
  • 自分が病気で働けなくなった時の保険が欲しい

この2点だけ頭に入れて調べたところ、就業不能保険を発見。

ライフネット生命の出口さんをもともと尊敬していたので、検討した結果加入することにしました。

保険料は1,700円と大幅ダウン。

自分で納得して契約するのは大事ですね。

 

契約していた保険を解約した

そうと決まれば、もともと契約していた保険は解約することに。

カスタマーサービスからの電話一本でOKだったので、これは案外簡単でした。

翌日、担当者から電話がありましたが適当にごまかして終わり。

その後も特に連絡はなく、問題はありません。

 

おわりに

保険契約においては、やっぱり「納得する」ことが大切です。

僕はライフネット生命を選びましたが、保険屋の営業マンやライフプランナーとの契約ももちろん良いと思います。

保険は、年齢や自分の生活状況に応じて「適切な内容を選ぶこと」が最も大切です。

つまり契約の見直しが絶対に必要になってきます。

ネット系の保険会社だと、このタイミングがよくわかりません。

これがリアルな人付き合いのある保険屋だと、向こうからベストな内容を提案してくれるでしょう。

かく言う僕も結婚したため、保険内容の変更を考えています。

信頼できる人から入るか、自分で判断できるのであればネット生命がおすすめです。

最初にも言ったように、「せっかく紹介してもらったし」という理由で必要のない保険を契約すべきではありません。

この記事が、少しでもお役に立てばうれしいです。

次はコチラ>>>実際に働いてみて感じる、中小企業で働くことのメリットとデメリット。 - 人生おもしろ。