人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!

東方定助の正体を知りたい人は、ジョジョリオン12巻&13巻をチェック!【ジョジョの奇妙な冒険第8部・感想】

スポンサーリンク

ジョジョリオン 12 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオンは「呪い」を解く物語。

そして前半は、主人公・定助の正体を突き止める物語でもあります。

第1話から、多くの謎に包まれっぱなしの定助。

なぜ断層(壁の目)の下で発見されたのか。

同じ場所に死体として埋められていた、吉良吉影との関係。

半分ずつの定助の体。

謎が謎を呼びます。

ということで今回は、定助誕生の全てが描かれた12巻と13巻の感想です。

※盛大にネタバレします。嫌な人は見ないでね!

 

定助の正体

東方定助=吉良吉影+空条仗世文

定助は、吉良と仗世文の体が半分ずつ融合した姿。

これが定助の正体です。

では、なぜ2人は融合することとなったのか?

そのカギを握るのは「ロカカカの木」であり、その経緯が描かれたのが12巻と13巻です。

 

経緯

ざっくりまとめますと、こういう経緯です。

  • 仗世文が幼いころ、海で溺れ病院へ搬送される(搬送された時には死亡)
  • そこの医師だった吉良・ホリー・ジョースターは息子の吉影に、スタンド能力(キラークイーン)で血栓を破壊、蘇生させる=吉良親子は仗世文の命の恩人
  • それから10年近くが経過、ロカカカの木の存在を吉良吉影は知る
  • 偶然にも再開した仗世文に、吉良はロカカカの木の奪取を相談
  • ロカカカの木はどんな病気でも治す(かわりに、自分の体の他の部分が石となり崩れる=等価交換)病気の母のため、吉良はこれを手に入れる必要があった。
  • 吉良に命を救われている仗世文は、もちろん協力
  • ロカカカの木を、田最環たちから奪取(枝を切断し持ち帰る)
  • 接ぎ木をして約1年後、ロカカカの木に実が成る
  • 実の回収直前に、田最環たちが襲撃
  • 吉良は仗世文をかばい死亡
  • 仗世文は生きるべきは吉影の方だと言い、ロカカカの木(実)を吉影に食べさせる
  • 仗世文が等価交換され、二人の体は融合=定助誕生

端折りましたが、こういう経緯です。

自分をかばって死んだ吉良吉影の蘇生のため、仗世文は自分の命と引き換えに吉影を救おうとしたのです。

 

感想

仗世文のセリフが泣ける。

ヨットの上で言ったこと…

オレを「巻き込んだ」って言ったこと…そうじゃない…

そうじゃあない…

オレの方がホリーさんのために心から役に立ちたかったんだよ

引用:ジョジョリオン第13巻「#053 ビタミンCとキラークイーンその④」より

 

泣いちまったよ僕は。

そして仗世文はこう続けます。

海に行ったあの日から…

最初から元々どこにもオレは存在してなかったんだ…

だから生きるのは…

オレの方じゃあないな

ホリーさんの子供…あんたの方だ…

差し出すよ…

「等価交換」というのなら…

喜んで…

俺の身体と交換するよ…

そっちの方がいい

そっちの方が…「幸せのイメージ」だ…

今まで生きてこれたしな

引用:ジョジョリオン第13巻「#053 ビタミンCとキラークイーンその④」より

 

このセリフを笑顔で呟きながら号泣する、仗世文の表情がなんとも言えません。

号泣ですよ僕は。

 

おわりに

このシーンは、間違いなくジョジョリオンの重要なハイライトシーンの一つです。

第4部では吉良吉影といえばラスボスだったので、母と友を思うその姿に驚きました。

良いやつだなぁ~吉良。

そして救われて欲しいな~お母さん。

最新刊(15巻)が発売されたばかりですが、次回も楽しみです。

おしまい。