人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!

ジョジョリオン16巻の感想!新たなる敵の出現に心躍る。【ジョジョの奇妙な冒険第8部】

スポンサーリンク

 f:id:Braes_R:20171022100440j:image

9月19日にジョジョリオンの16巻が発売されました!!

その1か月後に発売されたKindle版を読んでみたので、感想を書きます。

前回の感想は【ネタバレ注意】ジョジョリオン最新15巻の感想を書くよ。に書いてますので、あわせてどうぞ。

 

構成

今回は主に3つのストーリー展開でした。

  • ドロミテ編完結
  • 東方花都の殺人の真相
  • 植物鑑定人と新たな敵

タイトルはぼくが勝手に付けましたが、今回もワクワクする展開です。

※以後ネタバレ含むので、ご注意を。

 

ドロミテ編・完結!

まだまだ続くかと思われたドロミテ編は、第63話にて完結。

結局、定助は敗北します。

完敗です。

ドロミテの能力に感染し、植物鑑定人やロカカカのことを吐かされます。

絶体絶命のピンチに現れる、広瀬康穂。

どうなることかと思いましたが、康穂のおかげでなんとか定助は助かります。

しかしドロミテからは衝撃的なセリフが。

東方家の長男「常敏」だよ

「彼はフルーツの輸入ルートを持ってて汚い金の洗浄をしている」

「使いっ走りさ」

引用:ジョジョリオン16巻第63話「ドロミテの青い珊瑚礁その⑤」より

 

マジか!

ラスボスかと思われた常便、まさかのパシりだそうで。

たしかに、ジョジョのラスボスといえば「時空操作」系の能力ですもんね。

ちなみに常敏は「触れた部分の温度をほんの少しだけ上げる」能力であると明らかにされました。

f:id:Braes_R:20171022100403p:image

出典:ジョジョリオン第16巻63話「ドロミテの青い珊瑚礁その⑤」より

 

東方花都と殺人の真相

これはなかなか衝撃的でした。

時はさかのぼり、常敏は11歳。

スタンド能力で先輩(中学生)の血管を焼き、瀕死状態に追い込む常敏。

母に助けを求め、花都は常敏とこの中学生を土に沈め、「呪い」により常敏の病気を中学生に移して殺すという手段をとります。

これは成功し、常敏の病気は取り除かれました。

しかし5年後に中学生の遺体が発見されたことをきっかけに、花都は逮捕され15年間服役することとなります。

こう書くと花都が悪いんですが、この中学生も相当なクズです。

そもそも中学生が常敏を殺そうとした(常敏に殺人を命令したが、常敏がこれを拒んだことに逆上した)ため、思わずスタンド能力で身を守った形。

最終的に「花都が殺人を犯した」という事実だけが残りましたが、花都は母として息子を守っただけですね。

しかしなぜ常敏がロカカカと関わるようになったのか、気になるところです。

 

植物鑑定人と新たな敵

そして物語は現在に針を戻します。

植物鑑定人・豆銑礼(まめずくらい)がいきなり登場。

彼は敵の正体を推測します。

「敵」が欲しいのは「新ロカカカ」1個や2個からの単なる金持ち相手の利益ではない…

おそらく…

「ロカカカ」を科学レベルで技術化しようとしている者がいる

そして「独占」!

IT産業だけで年間5兆ドルだぞ

『不死産業』はどんな世界だ?

「敵」はそいつらだ

推測だよ

例えば王様かもな

医者かもしれない…敵はそいつらで「岩人間」!

引用:ジョジョリオン第16巻66話「植物鑑定人ー豆銑礼(31)その②」より

 

なんと再び現れる「岩人間」!

田最環で岩人間は全滅したかと思いきや、まだまだいるようです。

定助は「医者」というキーワードから「吉良吉影」や「吉良ホリージョースター」を連想しています。

吉良家が関わってくるんですかね~!!

がぜん面白くなってきました。

 

おわりに

16巻は、豆銑礼が広瀬康穂を敵の元へ突き落すという、なかなかびっくりな展開で終わります。

なかなかファンキーなやつです、豆銑礼。

新たな岩人間、常敏との関係、吉良家との関係…今回も謎は深まるばかり。

17巻も楽しみです!

おしまい。

関連記事