人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!

KANA-BOONのアニメBORUTO主題歌『バトンロード』と『ダイバー』の歌詞考察。

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20170618182452j:plain

KANA-BOONの『バトンロード』と『ダイバー』似てる問題(?)

今日はコレについて考えてみました。

 

KANA-BOONとナルト(ボルト)

テレビ東京系列にて大好評放送中のアニメBORUTO。

オープニングテーマであるKANA-BOONの『バトンロード』が、2017年6月13日より先行フル配信スタートしました。

KANA-BOONもBORUTO(NARUTO)も大好きな僕としては、我慢できず早速購入。

ポジティブになれる、めっちゃいい曲でした。

流石ナルトファンのKANA-BOON、良い曲書いてくれます。

KANA-BOONとBORUTOと言えば、映画『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』でも主題歌『ダイバー』を担当しました。

natalie.mu

この『バトンロード』と『ダイバー』ですが、楽曲自体はとても似てるんですよね。

同じJ-POP、似たようなロック調で似たような歌詞。

ですが、聴き比べると、受ける印象が全然違います。

もちろんテンポも違うん(バトンロードの方がアップテンポ)ですが、一番の違いは歌詞にあると感じました。

では、具体的にどこが違うのか?

 

歌詞の視点が違う

  • 『ダイバー』は主人公ボルト視点(主観)
  • 『バトンロード』は第3者視点(客観)

これが決定的に違うんだと思います。

『ダイバー』の歌詞について

『ダイバー』では"僕"という一人称が多用されてますな。

いつだって今だって遠く向こう走る影

僕だって、ただ待っているわけじゃないから

引用:ダイバー/KANA-BOON

他にも、ボルト視点の歌詞が多いです。

ナルト(お父さん)に振り向いてもらえない彼自身の気持ち、心情を上手に描いています。

昨日の自分とは違うはずなのにな

どうして気づいてくれないんだろう?

募った不満が心の中で疼く

引用:ダイバー/KANA-BOON

 

嫌になって苛立って、うまくできない自分がいて

ダメだって立ち止まってしまう

引用:ダイバー/KANA-BOON

『バトンロード』の歌詞について

 一方、『バトンロード』の歌詞は物語全体を俯瞰して見ている印象を受けます。

今は涙の種だって

咲かせれば偉大な伝承花

その目に宿せ 君の未来

引用:バトンロード/KANA-BOON

比べると、(主観なので当たり前だけど)『ダイバー』の歌詞には幼稚な印象を受けます。

つまり『バトンロード』は、おませさんですね。(?)

足跡つけ続ける日々を

嘆かないで 今を誇って

引用:バトンロード/KANA-BOON

ちなみに個人的に一番グッときた歌詞はこちら。 

砕けたあの夜も

過去だと笑い飛ばす

そんな日が来るから

引用:バトンロード/KANA-BOON

良いこと言うじゃないですかKANA-BOON。

仰るとおりですね。

辛いことも恥ずかしいことも、いつかは笑い話になりますからね。

恐れずチャレンジしなさいということでしょう、多分。

 

おわりに

特に『バトンロード』の2番以降の歌詞は本当に素晴らしくて、普段の自分への戒めにも感じます。

KANA-BOON自身も、アニメ公式サイトでこう言ってるのだ。

この曲は、バトンロードを歩んでゆくボルト達への、そして今自分の道を歩んでいるあなたへのエールです

引用:テレビ東京・あにてれ BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONSより

ということで絶賛配信中のバトンロード、是非みなさんも聴いてみてください。

おしまい。