人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!エンタメをメインにした雑記ブログ。

【ワンピースネタバレ】ホールケーキアイランド編、遂に完結!それぞれの結末をまとめる【903話感想・考察】

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20180502002624p:image

ONEPIECE第903話では麦わらの一味の懸賞金や、世界会議(レヴェリー)の様子が描かれました。

これにてホールケーキアイランド編は完結したと言って問題ないでしょう。

1か月前にホールケーキアイランド編はどう決着するのか?という記事で結末を予想しましたが、結果はほとんどハズレでした…。

流石は尾田先生!

ということで今回は、ホールケーキアイランド編の結末をまとめてみたいと思います。

 

 

麦わらの一味

ルフィの懸賞金は15億ベリー!

見事にビッグ・マム海賊団の三将星であるクラッカーとカタクリを撃破したルフィ!

それぞれ8億6,000万ベリー、10億5,700万ベリーの賞金首。

これに伴い、ルフィの懸賞金も15億ベリーへ大幅アップとなりました。

現在のところ、作中で登場した賞金首のなかでは最も高額です。

カタクリとの勝負は鏡の世界(ミロワールド)内部でのことだったため報じられないと思いましたが、モルガンズはしっかり報じたようですね。

ーある関係者の話では

"麦わらのルフィ"はすでに強力な7つの海賊団を傘下につけており

5千人を超える子分を持つ大船長だったという事実

エースに続き革命軍のNo.2サボと義兄弟だったという話題性

「悪の軍団ジェルマ66」「タイヨウの海賊団」「ファイアタンク海賊団」を

その場て従えた常ならぬ人望と統率力

計算され尽くした作戦で女王の城を破壊した頭脳

8億と10億を超える幹部を倒す強さー

この一件はもはや"麦わらのルフィ"の勝利である!!

5番目の「海の皇帝」現る!!!

引用:ONEPIECE第903話「"5番目の皇帝"」より

ルフィはじめ「最悪の世代」から海賊王が生まれると予想しているモルガンズなので、若干ルフィ寄りの報道にはなってますが…。

幹部ふたりの撃破もしっかり報じてます。

てっきりカタクリ撃破は報じられず、ルフィの懸賞金は10億ベリーいかないと思ってましたが、見事に予想を裏切られました。

天晴です。

サンジは麦わらの一味に復帰!懸賞金は3億3,000万ベリー!

サンジはめでたく麦わらの一味に復帰しました。

さらにゾロ(3億2,000万ベリー)を抜いて、麦わらの一味第2位の賞金首へと成り上がりましたね。

しかし懸賞金UPの要因は本人が発言するように、「あのジェルマ66の一族である」ことが世に知られたためだと思います。

たしかに今回のサンジは表立って活躍してませんからね。

あくまでも血筋から予想される危険性、つまり「ヴィンスモークの性のおかげで」懸賞金が跳ね上がったと予想されます。

ナミはサンジを許した?

これは謎ですね。

しかしホールケーキアイランドを抜け出した第903話では、楽しそうにサンジと会話するシーンも描かれています。

ナミがサンジに「あのことは忘れないから」と釘を刺すシーンは、特に描かれず。

今回ナミを恐怖の底に陥れたサンジですが、許してもらえたのかな…?

ナミはゼウスをゲット!

戦いの最中、ナミのつくる雲(ごはん)に魅了されていたゼウス。

ビッグ・マムの魂を直接注入された、ビッグ・マムの忠実なるしもべだったはずが…!

結局忠義よりメシをとってナミについてきました。

かわいいやつめ。

ジンベエは仲間になるも、殿(しんがり)となり離脱

ジンベエはビッグ・マムへの義理を貫き、ビッグ・マム海賊団を脱退。

正式に麦わらの一味に加入することとなりました。

しかしビッグ・マム海賊団の猛追からルフィ一行を逃がすため、そして魚人海賊団を放っておけず、ひとりホールケーキアイランドの海域に残ることに。

ルフィからの「ワノ国で待ってる!!!必ず来い!!!」という船長命令を守って、ワノ国編で合流してくれることに期待しましょう。

ペドロ、死す!

ペドロは麦わらの一味をペロスペローの能力から逃がすため、自爆しました…。

死について詳細には描かれていませんが、死んだと思って間違いないでしょう。

麦わらの一味が、今回の戦いで唯一失ったものですね。

ビッグ・マムのロード・ポーネグリフは見事入手!

ブルックの大活躍により、ビッグ・マムのロード・ポーネグリフの書き写しに成功しています。

これは素晴らしい功績!

仮に今後ビッグ・マム海賊団と争わずとも、ラフテルを目指すことは可能となりました。

 

 

ビッグ・マム海賊団

ビッグ・マムは敗北の報道に激怒

先に述べたモルガンズの報道内で、「麦わらの一味がビッグ・マム海賊団に喧嘩を売って買った」と報じられていることに激怒するビッグ・マム。

やはりケーキの味に感激して麦わらの一味を許すなんてことはなく、さらに溝は深まってますね。

これは予想通りでした!

カタクリ、クラッカー敗れる

今回の戦いで、ビッグ・マムはふたりの大きな戦力を失ってます(死んだわけじゃないけど)

ビッグ・マム海賊団には大打撃ですね。

カタクリは無事そうなので、きっと大復活を見せてくれると思います。

敗北を知った男は、強いのです。

プリンの恋は叶わず

プリンが奪ったサンジの記憶についてという記事に書いたように、プリンの恋は叶わずに終わりました…切ない…。

最終的にはサンジとの幸せな記憶も奪い去り、ふたたび敵として相まみえることでしょう。

ジンベエ、ベッジが離脱

ジンベエは麦わらの一味に加入、ベッジは暗殺を企てたため離反しました。

これもビッグマム海賊団には痛手ですね。

ジェルマ66暗殺は失敗

今回のお茶会の一番の目的であった「ジェルマ66の暗殺」は、失敗に終わりました。

ジェルマも麦わらの一味も無事です。

こうしてみると、今回ビッグ・マム海賊団は損しかしていないですね。

改めて、天晴れです麦わらの一味。

 

ファイアタンク海賊団

ファイアタンク海賊団は無事に生還!

第903話で新聞の報道に怒っているベッジたちを見る限り、彼らは無事に逃げおおせたようです。

おそらく、「完璧な暗殺作戦を計画したの俺だ!」と言っているのだと思います。

一時は命が危うかった妻・シフォンも元気で良かったですね。

ビッグ・マム暗殺は失敗

こちらは残念ながら失敗に終わってます。

こうして振り返ると、ベッジは特に得るものの無かった戦いでしたね。

良かったのは、数々の名言で読者のベッジ株が爆上げされたことくらいでしょうか。

※詳しくはコチラ⇒ホールケーキアイランド編でのカポネ・ギャング・ベッジ名言まとめ!

 

ジェルマ66

ビッグマム一族との結婚は破談

シャーロット家との結婚は、無かったこととなりました。

ビッグ・マムと手を組むことで更なる力を手に入れる予定でしたが、残念でしたね。

サンジとは訣別

第870話にて、ヴィンスモーク家とサンジは訣別することとなりました。

彼らがサンジの前に姿を現すことは、今後ないでしょう。

ヴィンスモーク家は全員生還?

詳しくは描かれていませんが、ヴィンスモーク家は無事に生き残ったと思われます。

レイドスーツ「3番」はサンジの手に渡る

第903話にて、ニジの仕業でレイドスーツがサンジの手に渡ることとなりました。

サンジは利用する気はなさそうですが、今後の展開に期待ですね。

 

おわりに

というわけで今回は、ホールケーキアイランド編の結末をまとめてみました。

こうしてみると、麦わらの一味は得たものが多いですね。

逆にビッグ・マム海賊団は失ったものばかりのようです。

一番のインパクトは、やはりルフィが15億べリーの賞金首になったことでしょう。

各四皇も黙っちゃいませんね。

ワノ国でのカイドウとの激突も楽しみです!