人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!エンタメをメインにした雑記ブログ。

【ワンピースネタバレ】プリンが奪ったサンジの記憶について【902話感想・考察】

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20180422104716p:image

ONEPIECE第902話では、プリンがサンジにした「最後のお願い」が明らかになりました。

それは、「サンジの記憶」をプリンが奪ったということ。

この記事では、プリンが奪った記憶の内容と、なぜ記憶を奪ったのか?について考察します。

 

原作で奪われた記憶

第902話にて、描かれたのは下記の記憶。

  • サンジの告白シーン
  • お茶会での誓いのキスシーン
  • 最後のお願いのシーン

どれも印象的なシーンばかりですね。

 

プリンはどんな記憶を奪ったのか?

上記3つから考慮するとプリンが奪ったのは、「サンジがプリンに恋心を抱いているシーン」だと思います。

記憶を抜かれた後に「あれ?プリンちゃん。最後のお願いって…なに!?」とサンジは発言しています。

よって、プリンの存在自体を忘れたわけではない。

また、ペドロの死について「死んだのか…俺を迎えにきたせいで…」とも発言しています。

つまり、サンジは「自分がビッグマムに拉致されたこと及びその理由」や、「結婚式・お茶会の記憶」は覚えている。

これらから考えるとプリンは、サンジが「プリンを愛していたこと」についての記憶を奪ったと予想します。

スポンサーリンク
 

 

なぜ記憶を奪ったのか?

なぜ、プリンはサンジから記憶を奪ったのか。

なぜ、「プリンを愛していた」記憶だけ奪ったのか。

それは「自分の恋心にケジメをつけるため」だと思います。

サンジ含め麦わらの一味は、ビッグマム海賊団に深い傷を負わせました。

よって今後、ビッグマムは麦わらの一味を目の敵にするはずです。 

否が応でも、敵として対峙しなければならない。

そんな場面でサンジに愛されていては、プリン自身に戦いへの迷いが生じます。

ビッグマム海賊団の一員としてのケジメを付けるため、記憶を奪ったのでしょう。

 

記憶を奪ったもう一つの理由

もう一つの理由は、「サンジが無事にビッグマムのナワバリから逃げるため」だと思います。

ビッグマム海賊団でのプリンの辛い思い・経験を、サンジは見抜いていました。

もしもサンジの記憶が残っていたらままだとしたら、彼の騎士道にかけてプリンを連れて帰ろうとする(ビッグマムから守ろうとする)はずです。

自分の愛した女ですしね。

そんな無茶をさせず無事にナワバリを抜けてもらうため、プリンは記憶を奪ったのでしょう。

プリンは最後までサンジを愛していたわけです。

 

おわりに

プリンの気持ちを思いやると、とても切なくなりますね。

敵として出会ってしまった宿命ではありますが、やるせない気持ちになります。

サンジにはいつか、プリンを嫁として迎え入れて欲しいものです。

次はコチラ>>>【ワンピースネタバレ】最悪の世代から海賊王は誕生するのか?彼らの現在をまとめてみた!【901話感想】