人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!

ただの御用聞きではない営業マンになるために心がけていること。

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20170607163852p:plain

僕は現在、建築業界にて営業職に就いています。

以前の日本は建設業が盛んで、放っておいても舞い込んでくる仕事で手一杯だったそうな。

しかし今は業界全体が縮小傾向にあり、どの企業も「何か新しいことを始めなければ」と躍起になっております。

もちろんウチの会社も例外ではありません。

僕自身、普段はルート営業しながら、週に1日は新規開拓に特化する日を設けてがんばる日々です。

恐らく多くの営業マンも、似たような状況ではないでしょうか。

ルート営業をやりながら、新規開拓営業も行わなければならない。

そんな業界に身をおく中で、営業マンとして日々思っていることをまとめてみます。

 

既存の仕事だけをやっていてもダメだ

ルート営業の営業マンというのは、先輩から得意先を引き継ぎます。

人間関係もできているし、なにかあれば先輩がフォローしてくれるので、気持ちがとても楽です。

しかし営業マンというより、「御用聞き」と言うのがふさわしいと思います。

やってくる仕事を、いかに効率的に捌くかという世界。

毎日のように仕事が舞い込んでくるので、これに対応していればある程度は仕事ができるようになります。

知識も身につきますな。

つまり、新米営業マンを育てるにはうってつけ。

(もちろん新人に任せてはいけない得意先もありますが・・・。)

実際やってみて思うのは、既存の仕事だけをやっていてはダメだということ。

ずっと「御用聞き」のままではダメだということ。

ルート営業をする中で培ったネットワークや知識を生かして、新しいことに取り組まなければなりません。

特に僕の属する建設業界のように、今後確実に需要が減少する業界において、同じやり方で同じことをやり続けることは非常にリスキーです。

そして僕の場合は飽き症なので、同じ仕事ばかりだとモチベーションが非常に低下します。

 

新しいことを始めよう

新しいことを始める場合に大切なのは、とにかくやってみること。

この一言に尽きます。

ただし、いつまでも戦略もなしに行動するだけでは成果は出ません。

僕も最初はひたすら飛び込み営業をやってみましたが、効率が悪いんですよね。

全く成果に結びつきませんでした。

ということで、戦略を練らなければなりません。

新規開拓の上で最も重要なのは単価(の安さ)ですが、これだけじゃないんですよね。

条件以外の義理や人情の部分も深く関わってきます。

ということで、狙っている顧客との人間関係が出来上がっている人(社内外かかわらず)と連携して動くことが重要になってくるのです。

そして上手く作戦がはまって数字が上がったとき、仕事が面白くなってくるはず!

ルート営業での売上とは違って、新規営業での売上は100%自分の数字です。

それが例え数万円でも、嬉しいものです。

これはモチベーションにがっつり繋がってくるので、もっと頑張ろうと思えるのです。

 

おわりに

まとめると、

  • 既存の仕事を同じやり方でやり続けているだけではダメ
  • 新しいことは、思いついたらやってみる
  • やってみてダメだったら、戦略を考えてまた行動
  • 上手く戦略がはまると超楽しい

ということですね。

とにかくPDCAのサイクルを高速でギュンギュン回すことが重要になってきます。

同じようなことは様々な本に書いてありますが、マジで仰る通りです。

実際にやってみて、そう思うのでした。

おしまい。