人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!

なぜ人はイケダハヤトに憧れるのか。

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20170503090315j:image

ゴールデンウィークですね。

連休が続くと、時間ができます。

時間ができると、暇になります。

暇になると、余計なことを考えます。

ということでタイトル通り、「なぜ人はイケダハヤトに憧れるのか」について考えてみました。

 

結論

これが結論でしょう。

要するに、イケダハヤトさんの生き方が羨ましいのだ。

月商400万がどうのこうのというよりは、そのストレスフリーな生き方に憧れるんだと思います。

仕事が楽しくない時にイケダハヤトさんのブログ「まだ東京で消耗してるの?」を読むと、無性に転職・田舎に移住したくなります。

僕もそうでした。

 

なぜ転職・移住したくなるのか

結局、現状に満足できてないんですよね。

だから「環境を変えれば良いのでは?」と考える。

でもね、思うのです。

現在の環境でも、行動次第で人生は面白くできるのです。

運の要素も多分にありますが、これは生きてる限り何やってもついてまわることなので、どうしようもない。

もちろん人生は自分のもんなので、転職・移住したって良いんですけどね。

(むしろ素晴らしいとも思う)

 

僕の場合

少し自分の話をば。

僕も一時期、ずっと転職したいと思ってました。(今でもたまに思います)

理由は仕事が楽しくなかったから。

僕の仕事は本来、新規開拓をメインとした営業活動です。がしかし、忙しすぎてルーティンワークばかりだったんですよね。

むしろルーティン優先で、新しいことには挑戦しなかった。

つまり仕事を楽しくしようとは思わなかった。

そんなある日、「○○を売ってみたらどうか」と尊敬する方からアドバイスいただき、新しい動きを始めたわけです。

そんなことを言ってくれる人がいるというのは、運が良かったと思います。

そしてやってみると、これが楽しい。

もちろんすぐには結果が出ず辛かったですが、それすらもルーティンばかりだった僕には刺激的でした。

「どうしたら仕事が獲れるか」を考えて計画を立てて行動する。

出来ることはたくさんあって、取捨選択し、成功のためにベストな選択をする。

だんだんと、仕事の楽しい部分が見えてきたんですよね。

こうなると、ルーティンで少々しんどいことなんて、へっちゃらになりました。

それから、転職を考えた際にリクルートエージェントを利用したのですが、エージェントの方から「そんなに恵まれた環境はないですよ」と言われたのも大きかったです。

で、そんな中で相方さんとの出会いがあり、ブログを始めてみたりと、少しずつ人生楽しくなっていきました。

 

納得は全てに優先する

そんなことをジャイロ・ツェペリが言っていた。(ジョジョの奇妙な冒険第七部・SBR)

繰り返しますが、僕は運が良かったんだと思います。

正のスパイラルで回り出すと、仕事の良い部分や可能性に目がいきます。不思議なものです。

転職・移住を考えることも良いと思います。

とりあえず行動してみて考えればよいのだ。(僕もそうだった)

 

おわりに

筆が進むがままに書いてみました。

結論、イケダハヤトさんに憧れるのは、その自由な生活スタイル(つまり自分の今の生活が楽しくない)が要因だと思います。

しかし、その自由に思える生活スタイルにすら、向き不向きがあることは忘れたくないですね。

だから、現状をもっと面白くできるかもしれませんよ?そこから始めてみませんか?というお話でした。

イケダハヤトさんの昔の記事に「サラリーマンでも、仕事が楽しくなっていくことはあるし、それはそれで良いことだ」という旨のものがあったはず、、、探したけど記事量多すぎて見つかりませんでした。

おしまい。

合わせて読みたい!

どうして営業職は辛いのか?