人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!

星野源『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』の充実した内容をピックアップ!感想&レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20170128195317j:image

2015年の「SUN」をきっかけに大ブレイク。

アルバム『YELLOW DANCER』、そしてシングル「恋」をもって、イエローミュージックなる”星野源節”炸裂な音楽を完成させた星野源。

そんな彼の初となるイヤーブック『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』が、ようやく届いたのでご紹介します。

気になる方は公式サイトを覗いてみてください↓↓↓

www.hoshinogen.com

『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』って何?

元々はファンクラブという形ではない「何か」でファンの皆さんがチケットを優先的に取れたり、転売されにくいシステムを導入できないかというところからこの企画はスタートしました。

形の見えないものにお金を出すのではなく、面白く楽しい本を作り、それを購入していただくと、そこにさもオマケかのように1年間有効の優先的なシリアルがつくという形です。

もちろん自動更新ではないので、興味が続くなら1年後に出る次号も手にしていただければ、という気軽なものになりました。

『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』より

 この押しつけがましくない感じが好きです。

イヤーブックらしく星野源の写真も何枚か撮りおろされていますが、彼へのインタビューを交えつつ、様々な企画が目白押しです。

特に僕が大好きだった企画内容ベスト3はこれだ!!

 

1.みんなの極私的星野源レビュー

星野源と関わりのある著名人が、星野源をレビューするというこの企画。

  1. 星野源の音楽を初めて聞いたときのことについて教えてください。
  2. 星野源の楽曲の中で特に好きな作品を3つ挙げてください。また、その理由も教えてください。
  3. 私の”星野源体験”について教えてください。
  4. 星野源に会ったら伝えたいこと・聞きたいことを教えてください。
  5. 2017年に向けて、星野源にエールをください。

上記の5つの質問に答える形です。

誰もが知ってる有名人ばかり登場しますが、個人的にはサカナクションのヴォーカル山口一郎さんが、「ばかのうた」(星野源の1stアルバム)を上京したての頃何度も何度も繰り返し聴いていた、と語っているのが意外で驚きました。山口一郎なんて才能の塊だと思いますし、彼の作り出す音楽は洗練されたテクノポップ・ロックな印象ですが、とても人間臭いレビューになってます。

他にも笑福亭鶴瓶や神木隆之介、藤井隆や森山良子からのレビューも載ってますよ。

初期作品を好きな曲として挙げている人がけっこう多かったのも意外でした。ちなみに僕が好きな初期作品は、「営業」です。

理由は僕が営業マンだからです←

営業

営業

  • 星野源
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

2.詳細すぎるアルバム『YELLOW DANCER』全曲解説

このアルバム僕は大好きでして、本当に傑作中の傑作だと思います。1曲1曲の存在感が圧倒的で、本書の中でもこのように語られています。

『YELLOW DANCER』は、今まで自分が「本当はもうちょっとこうしたいけど、時間ないし、これでいっか」とか「お金ないし、いっか」とか、そうやって諦めていたようなことを絶対にしないと決めて作ったアルバムだったんです。

『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』より

そんな、一切の妥協を許さずに制作された傑作アルバムに収録されている全14曲を、懇切丁寧に解説してくれるこの企画。

1曲目の「時よ」は元々アルバムに収録する予定じゃなかったり、「Week End」は不安な曲ナンバーワンだったり・・・各楽曲が完成するまでの背景や、演奏メンバーへのこだわり、アルバム構成について等々、エトセトラ・エトセトラ。

特に14曲目「Friend Ship」の項での、人間関係についての星野源の考えには共感しました。「自分というものがあって、それで初めて一緒にいようと言えるのが一番いい人間関係」だと思うと。人間はあくまで、ひとりであると。

本当にディープに書かれています。

Friend Ship

Friend Ship

  • 星野源
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

3.ラジオ音源「星野源しか出ない夏フェス」収録CD

2016年8月22日、星野源のオールナイトニッポンにて放送された「星野源しか出ない夏フェス in いつものラジオブース」を収録しています。

スタジオライブ音源ってやつですね。

収録楽曲は「化け物」に始まり、大人気の「SUN」や「桜の森」、初期の名作「くだらないの中に」やニセ明さんの「君は薔薇より美しい」など合計8曲。凄く豪華です。

「君は薔薇より美しい」の中で、間奏中にバンドメンバー紹介があるんですが、めっさ笑えます。ベース伊賀さん面白すぎるよー。

 

他にもとんでもない企画目白押し!

星野源自身による2016年総まとめインタビューはもちろん、関根勤と小堺一機との対談やバンドメンバー(伊藤大地、長岡亮介、ハマ・オカモト)が語る星野源とその音楽。

といった素敵な企画満載の、大ボリュームな内容になっております。紹介しきれないよ!

さらに冒頭でも述べたように、このイヤーブックにはオマケのごとく1年間有効なシリアルナンバーがついてきます。

これを使用すると、2月からオープンするYELLOW PASSにてサイト内限定コンテンツが楽しめちゃうという手筈です。このサイトではライブチケット最速抽選、テレビ番組観覧、フォトギャラリー等の嬉しいサービスが提供されるようです。気になる方は是非チェックしてみてください↓↓↓

yp.hoshinogen.com

注意点

ただし!!!

この『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』はアーティストオンラインショップである「A!SMART」、もしくはライブ・フェス会場限定での発売です。Amazonやヤフオク等々に中古品が出回っているようですが、YELLOW PASSを利用したければ正規ルートで購入されることをおすすめします

公式サイトでも、正規ルート以外だと「シリアルコードが使えない」等のトラブル発生の恐れがあるため、注意喚起されてます。気をつけましょう!

おわりに

ということでね、2月が待ち遠しいです。

早くオープンしないかなー!!徳島か福岡のライブ参戦したいなー!!恋ダンスおどりたいなー!!!

以上!

2017年2月17日追記!

やっと!やっと!2月10日よりYELLOW PASSがサービス開始しましたよ!!

現在は、2017年1月~3月にかけて開催された新春ライブ「YELLOW PACIFIC」のライブフォトが公開されているくらいですが、今後コンテンツを追加してくれることでしょう。

ちなみに星野源初のアリーナツアー「Continues」のチケット最速販売は、本日2月17日午後6時スタート予定みたいです。

未だアナウンスはありませんが、どうなるのか・・・!?楽しみですね。

2017年3月7日追記!

どうやらアクセス集中しすぎて落ちたみたいですね。

ツアー「Continuesu」のチケット受付は、本来の3月6日から3月7日までに延期されました。

結果発表は3月12日の15時以降!!楽しみですね。

僕は未だに星野源のチケットあたったことがないので、あたったら歓喜と共に記事をアップします。(笑)