人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!エンタメをメインにした雑記ブログ。

BUMP新曲「望遠のマーチ」が歌ってくれたこと。あるいは歌詞の意味と仕事について。

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20180724190342p:image

2018年7月23日、BUMP OF CHICKENが新曲「望遠のマーチ」を発売しました。

今回も配信限定販売となりましたね。

妖怪ウォッチのPVでは公開されていなかった、2番やDメロも明かされました。

以前の記事で「望遠のマーチ」のタイトルや歌詞考察をしましたが、全編を通して聞くとさらに深くメッセージを感じます。

というわけで今回は、改めて歌詞の意味を考察してみたいと思います。

 

 

辛い日々への応援歌

以前の記事で、僕は望遠のマーチについて「辛い日々への応援歌」だと書きました。

全編を通して聴いても、この印象に変わりはありません。

ただ、2番やDメロでよりリアルに心情をえぐり描いています。

 

嘘と本当に囲まれて

嘘と本当に囲まれ

逃げ出すこともままならないまま

秒針にそこを指されて止まっている

失うものはないとか かっこいいこと言えたらいいよな

本気で迷って 必死にヘラヘラしている

引用:BUMP OF CHICKEN「望遠のマーチ」より

この歌詞すごくないですか?

僕サラリーマンなんですが、めちゃくちゃ思い当たる節あります。

会社を辞めるかどうか悩んでた(悩んでる)時って、正にこの歌詞そのものでした。

辞めれば失うものはあるし、結婚してるので背負うものがある。

「辞めたいのか?」「辞めたくないのか?」

そんな自問自答の繰り返し…。

何が本当で何が嘘なのか、自分がどうしたらいいのか、わからなくなる。

本気で悩んでるけど、会社じゃ誰にも言えなくていつも通り笑ってる。

仕事に悩む時って、そんなものではないでしょうか。

この歌詞を聞いた時、本当にハッとしました。

BUMPはもちろんサラリーマンなんて経験してないのに、なんでこんなにも自分に寄り添う歌詞になってるんだろうと。

そして新たに明かされたDメロで、さらに畳み掛けます。

 

 

疑ったっていい

与えられた居場所が 苦しかったら

そんなの疑ったって かまわないんだ

体は信じているよ 君の全部を

叫びたい言葉が輝いてる

行こうよ

引用:BUMP OF CHICKEN「望遠のマーチ」より

苦しければ、逃げ出したって良い。

会社が辛ければ辞めてもいいし、逆に悩んで踏みとどまってもいい。

そんな僕らを認め、そして一歩踏み出す勇気を「行こうよ」という言葉で繰り返し歌ってくれています。

 

おわりに

僕の個人的な体験にものすごく思い当たる節のある「望遠のマーチ」。

「リスナーに寄り添ってくれる曲を書くバンド」ランキングを作ったら、BUMPが圧倒的1位です。

きっと僕以外にも、心にグサグサと刺さった人はいるはずです。

「リボン」なんかもそうですが、本当に弱っている人間の側にいてくれる楽曲が多いですね。

チャマのツイッターではレコーディング風景がたびたび写っているので、新しいアルバムの発表も近そうです!

続報に期待しましょう。

関連記事

www.jinsei-omoshiro.com