人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!エンタメをメインにした雑記ブログ。

BUMP OF CHICKEN「Spica」の歌詞考察と夫婦というものについて

スポンサーリンク

話がしたいよ / シリウス / Spica (通常盤)

BUMP OF CHICKENの音楽の魅力って何でしょうか。

僕はこう聞かれると「その時の自分に、楽曲が寄り添ってくれること」と答えます。

今回3年半ぶりに発売されたシングル、「Spica」もそんな素敵な曲です。

Spicaを初めて聞いたときは「好きな人について歌ってるんだろうなぁ」くらいの感想でしたが、聴けば聴くほど心に沁みてきました。

何度も聴いているうちに、結婚や夫婦について歌った曲にしか聞こえなくなりました。

きっと僕が最近結婚したからでしょうね…さすがですバンプさん。

ということで今回は、「Spica」を聴いて考えたことを書きたいと思います。

 

キーワードは「約束」

僕がこの曲を「結婚について歌った曲なんだ」と感じたのは、2番の歌詞にでてくる「約束」という言葉の意味を考えたことがきっかけでした。

約束が生まれた時の

笑った顔が嬉しかったよ

引用:BUMP OF CHICKEN「Spica」より

この歌詞を聴いたとき、サビの歌詞がフラッシュバックしました。

手をとった時 その繋ぎ目が 僕の世界の真ん中になった

あぁ だから生きてきたのかって 思えるほどの事だった

引用:BUMP OF CHICKEN「Spica」より

「あぁ、『約束』ってもしかして結婚式でやる「誓いの言葉」のことなのでは…?」

僕は少し前に結婚式を挙げたのですが、そこでの出来事が蘇ります。

牧師さんの前で愛を誓ったことや、手をとって結婚指輪を交換したこと。

妻がバージンロードをお父さんと歩いてくるときに泣いていたことや、みんなに祝福されて笑っていたこと。

自分にとって、妻が笑っていることが一番嬉しいこと。

そうすると他の歌詞も、「夫婦」というものを歌っているように聞こえてきます。

 

涙の理由

涙には意味があっても 言葉に直せない場合も多くて

こぼれたら受け止めるよ そうすれば何故か ちゃんと分かるから

引用:BUMP OF CHICKEN「Spica」より

とてもストレートで、仰る通りな歌詞です。

涙って言葉に出来ない時にこそ、流れてくるものなんですよね。

でもそこには、ちゃんと理由があるわけです。

泣いてるときはそばにいてあげて、受け止めることが大事なんだと。

そういうことですよね、バンプさん。

 

 

「描いた未来とどれほど違おうと間違いじゃない 今 君がいる」

終わりのない闇に飲まれたって 信じてくれるから立っていられる

描いた未来と どれほど違おうと 間違いじゃない 今 君がいる

どんなドアも せーので開ける

引用:BUMP OF CHICKEN「Spica」より

「終わりのない闇」ってとても抽象的で、聴く人によって感じることはそれぞれでしょう。

今の僕にとっては「仕事」がそうで、とてもしんどい状況です。

でも、どれだけ辛くても「信じてくれるから立っていられる」という歌詞が僕の現在にシンクロします。

妻からの「君なら大丈夫よ」という言葉に救われてます。

そして「描いた未来とどれほど違おうと間違いじゃない 今 君がいる」という歌詞は刺さりますね。

「今 君がいるからこそ 描いた未来と違おうと間違いじゃない」ってことですよね。

つまり妻が隣にいてくれるような未来こそが、自分にとっての幸せなんだぞと。

その初心を忘れるなよと、BUMP OF CHICKENに言われているような気分になります。

 

おわりに

みなさんにとっての「Spica」はどんな曲ですか?

「約束」という歌詞をきっけけに、僕の中での「Spica」は新婚の初心を思い出す歌になったわけですが。

聴く人によって、全く違った印象を持つ曲だと思います。

Youtubeにリリックビデオも上がってますので、ぜひ歌詞を見ながら聴いてみてください。

関連記事