人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!エンタメをメインにした雑記ブログ。

【ワンピース】バジル・ホーキンスの能力解説!ワラワラ実の藁人間の強さとは!【913話ネタバレ考察】

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20180807235409p:image

ONEPIECE第913話「"鶴の恩返し"」では、ついにルフィ&ゾロvs.ホーキンスが描かれましたね!

最悪の世代の戦いというだけで、ワクワクするものです。

結局は狛犬の乱入により中途半端な形で戦闘は終わりましたが、この記事ではバジル・ホーキンスの能力について解説・考察したいと思います。

 

 

バジル・ホーキンスとは

  • 「最悪の世代」の一人
  • 懸賞金は3億2,000万ベリー
  • 百獣海賊団「真打ち」

同じく最悪の世代であるキッド、アプーとともに「赤髪のシャンクスを倒すための海賊同盟」を組んでいたホーキンス。

不運にもカイドウの飛び降り自殺(死にませんが)に遭遇し、キッド&アプー&ホーキンスvs.カイドウという展開に。

詳細は描かれていませんが、キッドは幽閉されホーキンスとアプーはカイドウの傘下に下ったようです。

第913話で「"最悪の世代"ふたりを相手に一途に戦う程おれは実直ではない」と発言しているように、その能力を生かしたトリッキーな戦法を得意とします。

 

バジル・ホーキンスの能力:占い

初登場時から、カードで運勢を占っていたホーキンス。

第508話「"修羅の島"」では、シャボンディ諸島を訪れた大将・黄猿を前にしてカードを確認していました。

だ913話でも、ルフィとゾロに対して「お前たちが1か月後生きている確率…19%」と運勢を占っていましたね。

現状、この占いが戦闘と直結しているわけではありません。

拘束力のない「単純な占い」なので、戦闘中にカードを確認する意味は不明ですね…むしろ隙ができるだけだと思います。

 

バジル・ホーキンスの能力:ワラワラの実

今回の戦闘にて、ホーキンスは自分の力が「ワラワラ」の能力であることを明かしました。

"ワラワラ"の能力で部下達を体に宿す俺に

ダメージはない!!!

10人宿せば10回死ねる…

引用:ONEPIECE第913話「"鶴の恩返し"」より

悪魔の実の名前は「ワラワラの実」で間違いないでしょう。

種別はパラミシア(超人系)だと思われます。

ワラワラの実の能力①「藁備手刀」(ワラビデとう)

藁を束にして刀状にした武器。

トカゲを刺した際には先端がユラユラと変形していましたが、特に特殊な能力が描かれるわけでもなく詳細は不明です。

後述の「ストローマンズカード」の際には謎の分身を召喚していました。

ワラワラの実の能力②「藁人形」(ストローマン)

部下を体に宿すことで、自分の受けたダメージを部下へ受け流す能力。

藁人形が死ぬと「ライフ マイナス1」とカウントしていました。部下を取り込むと「ライフ プラス1」になるんでしょう。

気になるには「部下を何体宿すことができるのか」ですね。

2年前のシャボンディ諸島の戦いでは、黄猿から限界を超えるダメージを受け、本当に死んでしまう一歩手前の状態でした。

きっとあの頃よりはライフポイントも増えているはずです。

ワラワラの能力③「藁人形ズカード」(ストローマンズカード)

ホーキンスがカードを引き、そのカードの効果が発動するという特殊な能力です。

今回登場したのは4枚のカード。

  1. 愚か者(逆位置):仲間われ
  2. 法王(逆位置):追撃
  3. 法王(正位置):援護

法王(逆位置)なんかは、藁備手刀から召喚された藁人形が攻撃するカードでしたが、法王(正位置)は「ルフィとゾロに誰かが手を引き逃れる」という単純な「占い」のカードでした。

この能力についても不明な点が多いですが、愚か者(逆位置)のカードで部下を傷つけてしまった際にホーキンスはこう語っています。

すまん…次はいいカードを引く…

リスクを受け入れる分

己の限界を超える力を与えてくれるカードもある…!!

引用:ONEPIECE第913話「"鶴の恩返し"」より

ワラワラの実の能力④降魔の相(ごうまのそう)

シャボンディ諸島での黄猿との戦闘で見せた、戦闘形態。

全身を藁人間にして戦う能力。

しかし原作では活躍する場面は描かれなかったため、詳細は不明。

 

 

正位置と逆位置について

今回登場したカードの「位置」については、タロットカードを元にしていると思われます。

ここでWikipediaのタロットカードに関する説明を引用してみます。

カードの意味は正位置(上下の向きが正しい位置)・逆位置(上下逆さまの状態)で意味が変わってくる。正位置はカード本来の意味を表し、逆位置は別の捉え方をしたものである。原則として、正位置はカードの善・陽の部分、逆位置は悪・陰の部分として解釈がなされる。

引用:Wikipedia「タロット占い」より

カードの上下の状態によって正位置か逆位置かが変わるようです。

今回登場したカードから推測すると、

  • 正位置⇒運勢の占い
  • 逆位置⇒攻撃

を意味しているのかもしれませんね。

 

おわりに

ホーキンスは、トラファルガー・ローのような特殊な能力使いでした。

ストローマンズカードの効果次第では、一発逆転の可能性も秘めた強力なキャラクターですね。

カイドウを倒すためには避けて通れぬ相手。

同じくカイドウ傘下に下ったドレークやアプー、そして幽閉の身となっているキッドと共に、今後も目が離せません!

関連記事

www.jinsei-omoshiro.com