人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!エンタメをメインにした雑記ブログ。

【ワンピースネタバレ】全ての黒幕!?イムの正体に迫る!!【908話感想・考察】

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20180616144716p:image

ONEPIECE908話にて、遂に開始された世界会議(レヴェリー)!!

このレヴェリー編では衝撃の事実が毎週の様に明かされていますが、今週は全ての黒幕(?)であるイムが登場しました。

五老星がひざまずく程の人物…いったい彼は何者なのでしょうか。

というわけで今回は、イムについて考察してみます。

 

 

イムとは?

908話にて初めて登場したイム。

姿や手配書を持っている点から、906話ラストシーンで描かれたシルエットと同一人物だと思われます。

全ては謎に包まれていますが、原作で描かれたことを列挙してみましょう。

  • パンゲア城内「花の部屋」に存在している
  • マリージョア内の「麦わら帽子」を知っている
  • 誰も座ってはならない「虚の玉座」に座る
  • 五老星を従えている
  • ルフィや黒ひげの手配書を切り刻み、しらほしの写真に剣を刺している

ほとばしる黒幕感…!!

ONEPIECEのラスボスは黒ひげだと思っていましたが、もしかするとこのイムなのかもしれません。

では、詳しく見てみましょう。

 

虚の玉座に座ることの意味

あの玉座には誰も座ってはいけません

「虚の玉座」です!!

各国の王達は皆"平等"であり

独裁の欲は持たないという誓いです

引用:ONEPIECE第907話「"虚の玉座"より」

つまり「虚の玉座」に座るということは「世界は平等ではなく、イムが王である」ということを示しているのでしょう。

その証拠に、五老星はイムを前にしてこう発言しています。

歴史より消すべき"灯"がまた

お決まりでしょうか?

然らばその者の名を!!

引用:ONEPIECE第908話「"世界会議開幕"」より」

ひとりの人物の意思によって国や人を消すことができる…。

王というか、神のような存在なのでしょうか。

 

切り刻まれたルフィとティーチの手配書、しらほしの写真の意味

原作では、ルフィと黒ひげティーチの手配書が切り刻まれ、さらにしらほしの写真には剣が突き刺してあります。

明らかにルフィやティーチ、しらほしと敵対関係にあることを刺しているのでしょう。

ルフィとティーチといえば、Dの一族です。

僕の考察が正しければ、Dの一族は800年前に世界政府の敵であったはず。

そして人魚姫しらほしといえば、世界を壊す古代兵器「ポセイドン」であることが明らかにされています。

つまり、天竜人や現世界政府に仇なす(可能性のある)者たち。

イムの統治する現在の世界を破壊する可能性があるのが、Dの一族や古代兵器=ルフィ・ティーチ・しらほしなのでしょう。

よってイムは、世界を統べる天竜人のトップだと考えることができるでしょう。

 

 

次に消されるのはネフェルタリ・ビビ?

不吉なことに、イムはビビの写真を手にもって「虚の玉座」に座っています。

直後に五老星が「消すべき灯がお決まりでしょうか」と発言しているため、次に消されるのはビビかもしれません。

ネフェルタリ家といえば800年前の世界政府樹立の際、下界に残ることを選択した唯一の王族。

五老星も、こう発言しています。

ネフェルタリ家は800年前

唯一下界に残った"最初の20人"の血族…!!

言わば裏切り者だ…

何かに気付いたのか…?話が抉れぬことを祈ろう

引用:ONEPIECE第908話「"世界会議開幕"」より

この発言からすると、話が抉れる前にネフェルタリ家を消すつもりなのでしょうか…?

サボたち革命軍がビビを救ってくれる展開に期待します。

 

まとめ

イムの正体をまとめると

  • 世界を統べる王(神)
  • Dの一族(滅びた一族)と敵対する天竜人のトップ

という結論になりました!

早く正体が知りたいですね。

 

おわりに

いや~どんどん盛り上がってきましたね!

イムも気になりますが、突如登場したジュエリー・ボニーとバーソロミュー・くまの関係や革命軍の同行も気になるところ。

先週登場したシャンクスには一切触れられませんでしたが、いったい五老星とどんな話をしたのでしょうか。

考察しがいのある展開の連続で、ONEPIECE好きにはたまらない世界会議編。

次週にも期待しましょう!(休載だけど)

他のONEPIECEの記事はコチラ

ONEPIECEのカテゴリートップ