人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!エンタメをメインにした雑記ブログ。

【ワンピース】二代鬼徹はゾロの手に渡るのか?【912話ネタバレ感想・考察】

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20180722095317p:image

ONEPIECE第912話「"編笠村"」では、遂にあの妖刀・二代鬼徹が登場しました。

さらに天狗の姿をした「お師匠様」は刀鍛冶の天狗山飛徹であることも判明しましたね。

ルフィもゾロと合流する中、やはり気になるのは「二代鬼徹がゾロの手に渡るのか」です。

というわけで今回は、ゾロと鬼徹について考察してみます。

 

 

鬼徹とは?

鬼徹とは刀鍛冶であり、彼ら一派が打った刀が「〇代鬼徹」と呼ばれています。

現在判明している刀は、初代鬼徹・二代鬼徹・三代鬼徹の3本。

それぞれ名刀ではあるものの、妖刀として恐れられていますね。

912話で久々に登場した鬼徹ですが、初登場は11巻の第97話「"三代鬼徹"」です。

ローグタウンの武器屋店主(いっぽんマツ)はこう言っています。

"初代鬼徹"を初め

鬼徹一派の刀は優れてはいたが

ことごとく"妖刀"だったのだ…!!!

名だたる剣豪達がその"鬼徹"を腰にしたことで悲運の死を遂げた

今となっちゃこの世に"鬼徹"を使ってる剣士は一人もいねェ

引用:ONEPIECE第97話「"三代鬼徹"」より

この時たしぎが「初代鬼徹は最上大業物12工、二代鬼徹は大業物21工」だと明かしていますね。 

今回登場した天狗山飛徹も、二代鬼徹についてこう語っています。

軽々しく触るも非礼なる名刀!!

我が先祖"古徹"が打ちたもうた世界に名だたる刀っ!!

"大業物21工"に位列する!!

その名も"二代鬼徹"であるぞ!!

引用:ONEPIECE第912話「"編笠村"」より

この発言から考察すると、鬼徹は天狗山家のものが代々打っているようです。

今回の発言で、二代鬼徹は古徹が打ったということが初めて分かりました。

  • 鬼徹?⇒初代鬼徹(最上大業物12工)
  • 古徹⇒二代鬼徹(大業物21工)
  • 飛徹?⇒三代鬼徹 (良業物50工)

三代鬼徹は飛徹が打ったと思いますが、肩書が「美少女こけしコレクター」なのでその真偽は怪しいですね…。(笑)

 

 

ゾロと鬼徹

ゾロと鬼徹の出会いは、ローグタウンでした。

アーロンパークでの死闘の後、失った2本の刀を求めて武器屋へおもむいたゾロ。

そこでたしぎの目利きにより三代鬼徹を発見したのです。

店主は妖刀である三代鬼徹にゾロが殺されることを恐れて「売らねェぞ!!」と発言しましたが、ゾロは自身の「運」と鬼徹の「呪い」のどちらが強いかを試し、見事呪いに打ち勝つのでした。

三代鬼徹を刃がむき出しのまま上空へ投げ、自分の腕を切り落とせば負け、そうでなければゾロの勝ちという恐ろしい賭けでしたね。

第97話で手にした後、現在でも三代鬼徹を使い続けています。

 

 

二代鬼徹はゾロの手に渡るのか?

ゾロが現在所有している刀は、下記の3本です。

  1. 和道一文字(大業物・くいなの形見)
  2. 三代鬼徹(良業物・ローグタウンで入手)
  3. 秋水(大業物・スリラーバークでリューマから入手)

この中で入れ替えがあったのは、3本目の「秋水」のみ。

それまで使用していた「雪走」がエニエスロビーにて酸化・全壊となったため、スリラーバークで秋水とバトンタッチとなりました。

僕の予想では、ゾロは二代鬼徹を手にすると思います。

でないとせっかく二代鬼徹を登場させた意味がない!

入手する流れとしては、下記の2つが考えられます。

  • 飛徹に認められ、三代鬼徹と交換し二代鬼徹を譲り受ける
  • 秋水をワノ国に返納し、二代鬼徹を入手する

三代鬼徹とのバトンタッチが、自然な流れのように思います。

 

おわりに:余談

さて、今回の記事では「三代鬼徹」「二代鬼徹」について考察しました。

となると気になるのは、「初代鬼徹」ですね。

巷では、柄や鍔が似ているため「五老星の一人が持っている刀が初代鬼徹では?」と噂になっています。

いっぽんマツの発言では「"この世"に徹を使ってる剣士は一人もいねェ」となっており、「この世」が協調されています。

一方で五老星は「天竜人の最高位」であることが第907話で明らかにされていますね。

天竜人はこの世の人間ではないと考えると、「五老星が初代鬼徹を持っている」という理屈は通ります。

果たして真相はどうなのか!?

世界会議編も描いてください尾田先生!!

他のONEPIECEの記事はコチラ

ONEPIECEのカテゴリートップ