人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!エンタメをメインにした雑記ブログ。

【ワンピースネタバレ】光月トキはなぜ光月日和をタイムスリップさせなかったのか?【920話感想考察】

スポンサーリンク

f:id:Braes_R:20181007190309p:image

ONEPIECE第920話「"おでんが好き"」にて、新たなる悪魔の実が登場しました。

それがトキトキの実

光月おでんの妻である光月トキがトキトキの実の能力者であり、「未来へタイムスリップする」という能力のようです。 

カイドウ&オロチに追い詰められたトキは能力を発動し、モモの助や錦えもんを未来へ流すことに成功しました。

しかしこの時タイムスリップしていない人物がひとり。

それがモモの助の妹である「光月日和」です。

なぜトキは日和をタイムスリップさせなかったのでしょうか?

今回はこの疑問を考察してみます。

 

 

トキトキの実の能力

原作では厳密には、悪魔の実の名前も能力も明かされていません。

人は決して過去には戻れないけれど…

未来へなら行けるのよ…!!

私はこの不思議な"トキトキ"の能力で未来へ未来へと旅をして

遂に辿り着いたの…旅の終着点に

引用:ONEPIECE第920話「"おでんが好き"」より

このトキの発言から、下記のことが予想されます。

  • 悪魔の実の名称は「トキトキの実」
  • 能力は「未来へタイムスリップできる」
  • ただし過去へ戻ることはできない

重要となる発動条件については、今のところ不明ですね。

 

光月トキの状況

トキは過去からタイムスリップしておでんと出会い、彼を本当に愛していたようです。

燃えさかる九里城で命の危機に瀕した時にも、自身はタイムスリップせず城に残ったくらいですからね。

「おでんのいない世界で生きるくらいなら、私もともに死ぬ」

そういった想いを感じます。

この時、トキと共に城にいたのは6名。

  • 光月モモの助
  • 光月日和
  • 錦えもん
  • カン十郎
  • 雷ぞう

そして皆20年後のワノ国へと飛ばされましたが、なぜか日和だけは姿が見当たりません。

なぜなのでしょうか?

 

なぜ日和だけタイムスリップしていないのか

トキはおでんと同じくらいモモの助や日和を愛していたはずです。

もし本当に日和がタイムスリップしていないのであれば、それはトキがタイムスリップ「させなかった」のではなく「出来なかった」のでしょう。

これはトキトキの実の発動条件が関わっているはずです。

タイムスリップできる人数や質量・回数に制限があるとすれば、日和が取り残された可能性はあります。

 

 

本当に日和はタイムスリップしていない?

しかしそれでも、母としては家臣よりも自分の子供の命を優先させるはず。

「誰かひとりだけ命を諦めなければならない」という状況で、果たして愛する我が子を犠牲にささげるでしょうか?

そう考えると、日和も実はタイムスリップしていると推測するのが自然です。

そう、タイムスリップしているが「飛ばされた時代が違う」のではないでしょうか。

"日和だけ10年後にタイムスリップしており、20年後の世界で強力な助っ人として登場する"

こんな展開に期待しています。

 

おわりに

ということで結論としては「日和は別の時代にタイムスリップしている」となりました。

おまけで気になるのは、「現在のトキトキの能力者は誰なのか?」ですね。

トキが20年前に死んでいるのであれば、どこかでトキトキの実は成っているはずです。

今まで登場したキャラクターの中に、もしかするとトキトキの能力者がいるのかも…?

今後、発動条件やおでん&トキの過去が明かされる日を楽しみに待ちましょう!

他のONEPIECEの記事はコチラ

ONEPIECEのカテゴリートップ