人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!エンタメをメインにした雑記ブログ。

【シャーマンキングフラワーズ】道黽まとめ。道家とアイアンメイデン・ジャンヌの死の謎。

スポンサーリンク

今回は、チームハオでも最強クラスの実力を誇る道黽(タオ・メン)についてまとめます。

※シャーマンキングフラワーズの基本については頻出する基本用語を徹底解説!という記事をご覧ください。

 

基本プロフィール

  • 名前:道黽(タオ・メン)
  • 両親:道蓮(タオ・レン)とアイアンメイデン・ジャンヌ
  • 年齢:6歳
  • 所属:チームハオ(大将)
  • 持霊:馬孫(バソン)、シャマシュ

レジェンドである道蓮と、神クラスのシャーマンであったメイデンの息子。

父親譲りのトンガリは健在ですな。

シャーマンキングFLOWERS 5 (ヤングジャンプコミックス)

 

経歴

多くが謎に包まれている男。

いや、男と言っても6歳児なんですけどね…。

現在判明している経歴は、出自くらいです。

黽はプライベートジェットに乗って、日本へやってきます。

翌日、敵である鴨川洋介によって派遣されたナクト・ピトラ&カフラー・プリツに行く手を阻まれますが、これを難なく撃破

戦闘中に現れた麻倉花と戦うことになるも、花が節分状態により死亡したため戦闘終了。

その後、母の敵であるブラックメイデンと対峙しますが、母の面影に手を出せず玉砕されるのでした。

 

性格

冷静沈着、そして冷酷。

初期の蓮を彷彿とさせますね。

蓮と違うのは、人を殺さないところ。

これは「誰一人殺してはならない」という両親の「絶対的言いつけ」があるため。

アルミからは「性格に難アリ」「両親から受け継いだかたくななまでのガンコさと脆さ」と評されています。

 

持霊とオーバーソウル

黽の持霊は下記の2体です。

  1. 馬孫…父より譲り受けた人間霊。(現在は精霊)
  2. シャマシュ…母より譲り受けた神。前作でも最強クラス。

どちらもメチャクチャ強いです。

難なく使いこなす黽は、さすがのサラブレッドですね。

 1.馬孫

道家に使える中国の武将。

フラワーズではまだ発言していないと思われます。(4巻登場シーンの発言は馬孫の可能性あり)

オーバーソウル(O・S)で登場しただけなので、再開後の活躍に期待!

O・S超馬龍(チャオマーロン)

馬孫刀を媒介としたオーバーソウル。

龍を具現化して相手をなぎ倒す。

ガッコのO・Sオーガハンターを瞬殺するくらいのパワーを誇ります。

2.シャマシュ

太陽と正義の神。

見た目はフワッとしてますが、拷問器具を使いこなす恐ろしい霊です。

さらに高速で移動できるため、シャマシュの前ではいかなるスピードも意味を成しません。

間違いなく最強クラスの霊です。

 

道家とメイデンの死

そして気になるのは両親の行方。

  • 蓮…原作で語られず。
  • ジャンヌ…死亡(?)

道蓮

原作では一切触れられていません。

5巻の巻末付録「単色魂図鑑」にて、「はたして道家に何が起きたのか」との記述があるため、何か良からぬことが起きているのでしょう。

プライベートジェットで飛んでくるあたり、道家が崩壊したわけではないと思いますが…。

続報を待て!

アイアンメイデン・ジャンヌ

ブラックメイデンという新キャラによって殺された、と読み取れます。

そしてブラックメイデンの持霊は、なんと殺されたジャンヌのようです。

ジャンヌの死については明言されていないため、怪しいところもありますね。

もしかしたら生きているのかも??

生きていてほしい…。

 

おわりに

春からの連載再開で、きっと明かされるであろう黽の過去。

物語の鍵を握ることは間違いないでしょう。

※2018年6月16日追記

マガジンエッジにて連載がスタートして「シャーマンキングレッドクリムゾン」で、道家のことが描かれます。

ここで連やメイデンの死についても、あかされることでしょう。

詳しくは【シャーマンキング 】誰がアイアンメイデン・ジャンヌを殺したのか?【レッドクリムゾン考察】をお読みください!

※2018年9月17日追記

シャーマンキングレッドクリムゾン第4廻「最愛」にて、遂にジャンヌの死について明かされました。

詳細は【シャーマンキング考察】なぜアイアンメイデン・ジャンヌは自ら死を選んだのか?をご覧ください。