人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!

BLUE GIANT SUPREME 第2巻の感想。今回も涙が出るよ。【ネタバレ有り】

スポンサーリンク

BLUE GIANT SUPREME(2) (ビッグコミックススペシャル)

こんにちは。

6月30日に発売されました、BLUE GIANT SUPREME(ブルージャイアントシュプリーム)の第2巻。

7月14日にKindleでも読めるようになりました!

ということで、早速読んでみましたよ。

今回も泣けた。

 

前巻までのあらすじ

日本を離れ、ドイツはミュンヘンにやって来たサックスプレイヤー宮本大。

なかなかサックスを吹く機会に恵まれず、川辺でひとり練習に打ち込む日々。

そんなある日、喫茶店にて大学生・クリスと出会います。

このクリスがめちゃくちゃ頑張ってくれまして、大は遂に10名のお客さんの前でドイツ初演奏を行うのでした。

 

2巻感想

それでは、感想です!

クリスの話が泣ける

前巻で大活躍してくれたクリス。

2巻は大の演奏で始まりますが、彼のサックスを聴きながらクリスは思います。

D(大のこと)がどれくらいのレベルなのか正直分からない。

ただ―――

何があっても君が

この先ずっと

吹き続けることがわかる。

これがDなんだ。

人前で吹いてる君の姿が、Dなんだな。

引用:BLUE GIANT SUPREME2巻より

そしてこの演奏を最後に、大は演奏のパートナーを探し出しミュンヘンを出発することを決意。

大が「何故オレに優しくしてくれるのか?」と尋ねますが、その答えも感動的です。

泣くかと思ったぞクリス。

ミュンヘン出発の日が泣ける

女性ベーシストのハンナ・ペータース。

ジャズバーで彼女の演奏を聴いた大は感激し、是非組みたいと申し出ます。

が、見事に断られ、大は彼女を追いかけてハンブルクへ向かうこととなります。

第12話では、クリス達と過ごすミュンヘン最後の日が描かれますが、なんとセリフは一つもでてきません。

それでも絵だけで魅せる石塚先生。流石です。

クリスがせん別にコートを渡し、ふたりが抱き合うシーンが泣けます。

男の友情ってやつですな。

ハンブルクの皆さんが泣ける

遂にハンブルクにたどり着いた大。

早速、ハンナ・ペータースを探し回ります。

楽器店はもちろん、カフェやジャバーなどでも聞き込み調査。

来る日も来る日も、聞き込み調査。

しかし、なかなか見つかりません。

そんななか、最初は大に懐疑的だったボリスさん(楽器店店長)が、彼の姿勢と楽器に心を打たれるます。

なかなか外に出なかったボリスさんが、ジャズバーにて大を語るシーン素敵です。

毎日やってくる彼が、小さな花を届けてくれるような気がするんだ。

何年ぶりかな、生のバンドを聴くのは。

花に誘われて連れ出されてしまったな。

引用:BLUE GIANT SUPREME2巻より

この後、遂にハンナを探し出したボリスさん。

彼女に大の演奏を聴かせるため、説得するボリスさんのセリフも感動的。

ハンナの想いに泣ける

現在、とあるバンドのサポートメンバーとしてツアー参加中のハンナ。

しかし、バンドメンバーの音楽に対する姿勢に失望してしまいます。

彼女は前に出ようとしすぎかもな。

必死になるのは分かるんだ。

背が低いし、女だし。

男三人のオレ達の中にいたら

そりゃ気を張るのは理解できる。ただ・・・

"あわてるプレー"にも程があるだろ。

ま、あのルックスはバンドにとってはメリットだけどね。

ベーシストの全てのイメージの逆っていう・・・

とにかく彼女との時間はなんとかやり過ごそう。

ケンカも無駄だ。いいな。

引用:BLUE GIANT SUPREME2巻より

こんなん聴いたら、そりゃやる気なくしますわ。

ツアー終了後、必死にハンナを探し回る大の噂を耳にし、涙を流します。

このシーンもめちゃくちゃ泣ける。

やったぞ大ー!!お前の言葉が、ハンナの胸をうったぞー!!ってなります。

そしてラストシーンでは、大のプレーを目の当たりにし圧倒されるハンナ。

いくつか、腹立たしいことがある。

1つは、彼が若いアジア人というだけで、彼の力を見くびっていた自分に。

2つ目は、彼が彼の音について、私に説明しなかったこと。

3つ目は・・・この彼が全くの無名だってこと。

4つ目は・・・彼と一緒に演奏することに、少し怖じ気づいている自分に対してだ。

引用:BLUE GIANT SUPREME2巻より

 

おわりに

いやー。ブルージャイアント読むと、泣いてばかりのワタシ。

www.jinsei-omoshiro.com

早く3巻が読みたいです。

めちゃくちゃ続きが気になる終わり方でしたねー。

最近ジャズライブ見れてないので、見に行こうかな。

おしまい。