人生おもしろ。

好きなことを好きなように書く!エンタメをメインにした雑記ブログ。

武井先生はなぜ麻倉葉を殺したのか?【シャーマンキングフラワーズ考察】

スポンサーリンク

シャーマンキング 完全版 25 (25) (ジャンプコミックス)

少々刺激的なタイトルでこんにちは。

シャーマンキング専門家るっち(@Braes_R)です。

タイトル通りこの記事では、「作者である武井宏之先生は、なぜ麻倉葉を殺したのか?」という疑問を考察してみました。

結論から言うと

  1. 花を主人公として独り立ちさせるため
  2. 新たな敵の伏線
  3. 霊として再登場させるため

この3つだと思います。

それでは、詳しく見てみましょう!

 

そもそも:麻倉葉とは?

シャーマンキングの主人公。

ジャンプ史上でも類を見ないほど、ユルい主人公です。

口癖は「きっとなんとかなるって。」

うん、ユルいね。

しかし2018年に開催されたキャラクター人気投票では、圧倒的な人気を誇ります。さすが主人公。

※人気投票についてはシャーマンキング人気投票結果発表!!堂々の第1位は…!?をご覧ください。

続編のシャーマンキングフラワーズは、葉の息子である麻倉花が主人公の物語です。

 

シャーマンキングフラワーズでの麻倉葉

シャーマンファイト終了後、葉は家族(妻のアンナ、息子の花)と共に世界を巡る旅に出ます。

しかし中東で銃撃戦に巻き込まれ、家族全員死亡してしまうのです。

アンナの嘆願(というか命令)により、ハオの力で花だけは蘇生。

これ以降、葉は原作に登場しません。

スポンサーリンク
 

 

なぜ武井先生は葉を殺したのか?

さて、ここからが本題です。

作者視点で、なぜ葉を殺したのかを考えてみます。

1.花を主人公として独り立ちさせるため

冒頭で述べたように、葉は未だに圧倒的な人気を誇っています。

人気投票ランキングでは、麻倉葉の1位に対して麻倉花は30位。

読者としては、シャーマンキングフラワーズ内での葉の活躍を楽しみにしてしまうのは仕方がないですね。

でも、この作品の主人公は麻倉花。

花を主人公として独り立ちさせるために、葉を殺す必要があったのではないかと思います。

2.新たな敵の伏線

葉の死亡時に明らかになっているのは、「銃撃戦に巻き込まれた」という事実だけです。

しかし、本当に「巻き込まれた」のか?

実は、「銃弾を使う敵と戦っていた」のではないか?

実際にシャーマンキングフラワーズ3巻では、葉の前に立ちふさがる戦闘機が描かれています。

誰かと戦っていたと読み取る方が、自然に思えますね。

ということで、葉は新たな敵に殺されたのではないかと思います。

ヤービス・鴨川羊介以外の第3勢力、なんて展開に期待!

3.霊として再登場させるため

シャーマンキングと言えば、霊とシャーマンの物語!!

死んでもなお、霊として再登場するキャラもいます。

(前作ではファウストⅧ世が、最終的には霊として登場しました)

葉も死んでしまいましたが、霊として再登場させることも可能ですね。

誰かの持霊となって現れたら、これほど胸熱なことはありません。

ジャンヌのように、敵の持霊となって登場する展開もあるかも…!?

※ジャンヌについては 【シャーマンキングフラワーズ】道黽まとめ。道家とアイアンメイデン・ジャンヌの死の謎。という記事をご覧ください。

 

おわりに

今回は、なぜ武井先生は麻倉葉を殺したのか?について考えてみました。

僕としては「霊として再登場」に期待しています。

花が絶体絶命のピンチの時に、誰かと憑依合体した葉が助けに現れる…!!

そんな展開どうでしょうか、武井先生。

いづれにせよ、4月以降の新連載、外伝が楽しみですね。

早く来い4月!!

次はコチラ>>>シャーマンキングの主人公たちの「その後」をまとめてみた。 - 人生おもしろ。